東野圭吾の作品における死の描写について_日语论文.doc

死について多くの研究が行われてきたが、死とはいったい何かについては未だ未解決な問題である。死という言葉の意味は生物の生命活動が終止するとのことである。死について

要旨

 

死について多くの研究が行われてきたが、死とはいったい何かについては未だ未解決な問題である。本論文は東野圭吾の作品における死の描写の文学性と哲学の意味を着目する。まずは東野圭吾の作品の文化背景を考察し、次に作品における死の描写の具体的な表現を分析し、最後に、作品における死の描写を哲学的に解読する。絶望の中に希望を追求し、死の中に生命の意味を探す。死の描写の研究は死の探求だけでなく、より重要なのは自由と信仰である。死に直面するこそ、生命の美しさを感じることができる。これは本論の目的である。

 

キーワード:死の描写; 東野圭吾; 死生観; 容疑者Xの献身

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに. 3

2.東野圭吾の小説における死の描写の文化背景. 4

    2.1推理小説の発展 4

   2.2伝統文化の危機 5

3. 東野圭吾の小説における死の描写の具体的な表現. 6

   3.1肉体の死―自殺と殺人 6

    3.2精神の死―孤独感と信仰の欠如 7

4. 東野圭吾の小説における死の描写の解読. 9

   4.1自己の死に直面する. . .  9

4.2自由と個性への追求 . 9

5. おわりに .  10

参考文献. 11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部