从《起风了》看堀辰雄的生死观_日语论文.doc

要旨:堀辰雄(1904-1953)は日本の昭和時期に活躍した新心理主義の代表作家である。彼は人物の繊細な心理描写を重視し、死に凝視した心理分析が得意である。彼の大半の人生は病気と死…

要旨:堀辰雄(1904-1953)は日本の昭和時期に活躍した新心理主義の代表作家である。彼は人物の繊細な心理描写を重視し、死に凝視した心理分析が得意である。彼の大半の人生は病気と死亡と戦って過ごしていた。彼は不幸な経歴を持っており、客観的現実から考え、「死」、「生」と「愛」の主題をめぐり、彼の独特な死生観を表す。彼の作品から、人間の脆い生命に隠れた死を超えた「生」の力を感じたことができる。『風立ちぬ』は堀辰雄の死生に対する態度を表現する代表作品である。同時に文学の上で日本人の死生観を描いている典型な作品である。

本論文は、日本側と中国側の先行研究に基づき、『風立ちぬ』を中心に、堀辰雄の生涯と『風立ちぬ』の紹介から入り、死生における主人公の内的世界を分析し、「愛」と死生のつながりを探究し、堀辰雄の生の意識の核心と形成の背景をまとめて帰納してみたいと思う。したがって、作者の死生観を深く研究し、生の意識を新たに感じ取り、日本の文化をいっそう認識させ、今後死生についての課題に基礎をしっかり出そうと思っている。

 

キーワード:堀辰雄 死生観 『風立ちぬ』 生 死

 

目次

要旨

中文摘要

はじめに1

1堀辰雄と『風たちぬ』1

1.1堀辰雄の生涯1

1.2『風たちぬ』の粗筋2

2『風たちぬ』における死生観3

2.1「死」に内心の独白3

2.2「生」の意識4

2.3「愛」の昇華6

3堀辰雄の死生観の形成7

3.1日本の伝統的死生観7

3.2西欧思想の影響8

終わりに10

参考文献11

謝辞12

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部