环境侵权民事责任的归责原则_日语论文.doc

而环境侵权民事责任的归责原则问题,一直是困扰我国法学界的重要课题。虽然通说认为我国采取无过错责任原则,但是学说的分歧,立法的冲突以及司法实践的矛盾一直从未停歇。本

要旨:帰責原則は環境面における権利侵害に関する制度の肝心である。そして、環境面における不法行為の民事責任に関する帰責原則は、これまでの長い間中国の法律学界を困らせている重要な理論課題でもある。本稿は、中国の立法と司法の実験や理論研究の現状に基づいて、中国現行の帰責原則の問題を分析して行く。日本と関連がある法律制度の成功な経験に学ぶ。最後に、中国は無過失責任原則を採用するよいという。

キーワード:環境侵害 帰責原則 無過失責任 過失責任 公害

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.環境面における不法行為の民事責任に関する中国の帰責原則-1

2.1主な観点-2

2.1.1無過失責任原則-2

2.1.2過失責任原則-3

2.1.3過失責任と無過失責任と区別して見る説-3

2.1.4過失責任と無過失責任との総合-3

2.2まとめ-3

3.日本の環境面における不法行為の民事責任に関する帰責原則の発展-4

3.1「公害過失論」の展開——伝統民法の修正と発展-4

3.1.1過失の客観化-5

3.1.2違法は過失である——新受忍限度論の提出-5

3.1.3過失推定論——過失の大略の推定方法の運用-6

3.2公害における無過失責任の展開-6

3.3日本環境面における不法行為の民事責任に関する帰責原則の特徴-6

3.3.1過失責任と無過失責任と組み合わせる-6

3.3.2公害過失実は無過失とよく似ている-7

3.3.3学説、判例の過失論に関する修正と発展は公害立法を促進する-7

3.3.4無過失責任原則の欠陥-7

4.中国では無過失責任原則を適用するわけである-7

5.おわりに-8

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部