从《哈尔的移动城堡》看宫崎骏的反战思想_日语论文.docx

『ハウルの動く城』はイギリスの作家ダイアナ·ウィンジョーンスの小説『魔法使いハウルと火の悪魔』を脚色したものである。映画の原作と比べて、最大の特徴は戦争を主題とし

要旨

 

宮崎駿は日本の著名な映画監督である。彼が監督した映画は日本及び全世界でも人気がある。宮崎駿も国際的に有名な反戦者で、宮崎の多くの作品では、その中に含まれる反戦思想が見られる。宮崎は自分の反戦思想を映画に込めて、わかりやすく人々に戦争の危害と平和の尊さを伝えている。それ故、宮崎駿の映画を鑑賞する人々は宮崎駿の反戦思想に共感している。『ハウルの動く城』は宮崎駿の多くの作品の中の一部である。本文は『ハウルの動く城』を詳しく考察し、宮崎のほかの作品と結びつけ宮崎駿の反戦思想における矛盾、愛と美を検討したい。

キーウード:宮崎駿、ハウルの動く城、反戦、

 

目次

要旨

中文摘要

1,はじめに-

1.1先行研究-

1.2研究の目的と意義-

2.宮崎駿とその反戦作品-

2.1宮崎駿その人-

2.2宮崎駿の主な反戦作品とその反戦思想の背景-

3.『ハウルの動く城』から見る宮崎の反戦思想-

3.1映画における戦争の描写とその原因-

3.2主人公についての分析-

3.3ハウルと火の悪魔――大きな力の持ち主-

3.4ハウルと師匠サリマン――権力の化身-

3.5『ハウルの動く城』における反戦思想-

4.人間性から見る宮崎駿の反戦思想における矛盾、愛と美-

4.1科学技術と戦争-

4.2政府と戦争-

4.3主人公の愛と美-

5.終わり-

参考文献

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部