中日数字文化差异[日语论文]数字から見る日中文化観+开题报告

数字から見る日中文化観_日语论文+开题报告在日常生活和工作中我们都要使用数字,有的人喜欢奇数,有的人喜欢偶数,因为个人喜好不同,小小的数字也能影响到人们的心情。人们自打出生以来,就生活在数字当中,包括人的定位、行动,如果说存在是实体,那么这种实体完全是以数字来衡量的。提起数字,大多数人就会把它和数学联系起来,每个人都有数学概念,但是在更

数字から見る日中文化観_日语论文+开题报告

摘要

在日常生活和工作中我们都要使用数字,有的人喜欢奇数,有的人喜欢偶数,因为个人喜好不同,小小的数字也能影响到人们的心情。人们自打出生以来,就生活在数字当中,包括人的定位、行动,如果说存在是实体,那么这种实体完全是以数字来衡量的。提起数字,大多数人就会把它和数学联系起来,每个人都有数学概念,但是在更多的时候,数字更是社会生活中的一部分,只是程度不同。数字的文化内涵深厚、宽广、变换万千。即使是世界上通用的数字,根据国家、民族的不同,意思也不一样。同样的数字,在不同的国家和民族可以反映他们特有的文化,引发不同的遐想。比如说、中国人喜欢的数字,日本可能就不喜欢;相反中国人讨厌的数字,日本人可能就喜欢。这可能就是因为文化传统的差异所导致的吧!

数字是一种独特的文化现象 。本稿试图通过比较研究中日两国数字文化的差异,揭示中日数字的语言文化特质、以及隐含其中的独特的民族文化心理 。进而在不同文化背景条件下交流时,可以做到更好的相互理解。

关键词:吉凶预兆 奇数 偶数 文化差异

要旨

日常生活や仕事のなかで私達はよく数字を使い、奇数が好きな人もいれば、

偶数が好きな人もいる。好き嫌いが違うので、ひとつの小さな数字には人々にもたらされた気持ちや影響も異なっている。人間は生まれて以来、数字に関わり、位置づけ、と行動も含まれる。もし存在は実体と言えば、その実態は完全に数字によって決めるのである。数字と言えば、数学を思い浮かべるのは大勢いるだろう。皆は数学の概念を持っているにもかかわらず、多くの場合は、、数字を社会生活の一部であり、単なる程度の違いであろう。「数字の文化の内包は深くて広くて、変わることが十分にある。」世界で通用する数字は、国や民族によってその意味も違う。同じ数字は、国家と民族において、独特な文化を反映し、さまざまな発想。たとえば、中国人が好きな数字は、日本人に嫌われて、逆に中国人に嫌われた数字が日本人に好まれる。これはたぶん文化伝統と習わしの相違のためであろう。

数字は特別な文化現象の一つである。本稿の目的は、中日両国の数字文化を比較して、数字文化の異同を了解し、それを通じて、数字文化の本質とその中に含んだ特有な民族文化の心理を指摘す。そして、異文化コミュニケーションする時、よく理解し互いことができる。

キーワード:縁起 奇数 偶数 異文化

目次

摘要

要旨

はじめに1

第一章 吉を求める心理と伝統的な習慣2

第二章 中国人の数字文化観4

第一節  中国の古い数字哲学4

第二節 偶数がすきな中国人5

第三節 偶数の物語6

第三章日本人の数字文化観について8

第一節 神秘な数字「三」8

第二節奇数をすきな日本人9

第四章「八」と「九」における文化の比較11

第一節「八」という数字の縁起11

第二節「九」の発想12

第三節 好き嫌い数字13

おわりに16

参考文献17

謝辞19

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部