中日儿童文学作品中的狐狸形象的比较研究_日语论文.doc

本文は中国と日本の児童文学の狐のイメージと狐のイメージ相違の原因分析の三つの方面から書くのである。中日両国の狐いついての児童文学を読んで、幾つの作品を例にして、そ

要旨: 周知の通り、中日両国は一衣帯水の国である。文化交流において長い歴史を持っているが、民族的信仰、文化背景などの相違によって両国の文化作品の主人公のイメージや表現の内容や伝えられている思想も違っているはずである。例えば、同じ狐でも、中日両国の作家のそれぞれの作品においては全く異なったイメージに与えられている。中国の児童文学では、狐はいつも「虎の威を借りる狐」のようにずるい性格を有するものとされているのに対して、日本の児童文学では、狐はいつも知恵、善良及び母性愛を持っているものとされている。本文は中日児童文学作品における狐のイメージを比較して、中日両国の狐についての信仰、文化思想と美意識の三つの方面から相違原因を分析する。

 

キーワード:狐;児童文学;中日両国;信仰;文化思想;美意識

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1.中国の児童文学における狐のイメージ-2

1.1『狐にやられたハンター』の中の狐-2

1.2『狐とカラス』の中の狐-2

2.日本の児童文学における狐のイメージ-4

2.1『手袋を買いに』の中の狐-4

2.2『ごん狐』の中の狐-4

2.3『雪渡り』の中の狐-5

3.中日両国の児童文学における狐のイメージ相違点-7

4.中日両国の児童文学における狐のイメージ相違の原因分析-8

4.1中日両国の狐についての信仰-8

4.1.1中国の狐についての信仰-8

4.1.2日本の狐についての信仰-9

4.2中日両国の文化思想-10

4.2.1中国の文化思想-10

4.2.2日本の文化思想-11

4.3中日両国の美意識-12

4.3.1中国の美意識-12

4.3.2日本の美意識-13

終わりに-15

参考文献-16

謝辞-17

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部