中日两国关于狐狸意象的比较[日语论文]+开题报告+文献综述

中日両国における狐のイメージについての比較_日语论文+开题报告+文献综述与中国隔海相望的日本,古往今来,在文化上都与中国有着密切的联系,但因民俗、信仰、风土等因素的影响,又存在着明显的差异。狐狸是中日两国共同拥有的动物之一,两国的人民对这种动物尽管有着相同的理解,但也赋予了它们不同的寓意。在中国,狐狸历史悠久,文化也相当发达。但是,曾经

中日両国における狐のイメージについての比較_日语论文+开题报告+文献综述

摘要

与中国隔海相望的日本,古往今来,在文化上都与中国有着密切的联系,但因民俗、信仰、风土等因素的影响,又存在着明显的差异。狐狸是中日两国共同拥有的动物之一,两国的人民对这种动物尽管有着相同的理解,但也赋予了它们不同的寓意。在中国,狐狸历史悠久,文化也相当发达。但是,曾经被人们视为祥瑞之兽的狐狸,现在,却以狐狸精的形象成为人们生活中的常用语。相反,在日本,狐狸的历史文被传承,并作为稻荷神,受到日本国民的膜拜。

本文以序言、第一章中国的狐狸意象、第二章日本狐狸的意象、第三章关于中日两国狐狸意象的异同点、总结,这样5个部分构成。

通过两国关于狐狸意象的比较,找出异同点,了解了两国文化各自的传承发展。

关键词:狐狸的介绍  狐狸文化  稻荷信仰  狐狸精 

要旨

日本は我が国と一衣帯水して、中国の文化と深いつながりを持っているが、民俗や、信仰、風土などの要素で、大きな違いが存在している。狐という動物は両国に存在しているものであるが、両国の文化に同じ影響を与えることもあれば、異なる影響を与えることもある。中国での狐は歴史が長くて、文化も発達している。しかし、昔、人々に参拝される狐は瑞祥の獣と呼ばれていたが、現在、狐は淫獣という形象として、人々の生活のなかで使われるようになってしまった。相反して、日本では狐の歴史文化を伝承して、今稲荷神になって、日本国民から崇められている。

本文は「はじめに」「第一章中国における狐のイメージ」「第二章日本における狐のイメージ」「第三章両国の狐のイメージの異同点」「おわりに」という以下の五つの部分構成されている。

中日両国における狐のイメージについての比較することによって、異同を探し出して、どのようにそのような現象が生じたのかを究明してきた。

キーワード:狐の紹介 狐文化 稲荷信仰 淫獣 

目次

摘要

要旨

はじめに 01

第1章 中国における狐のイメージ 01

第1節 古典書籍から出た狐01

第2節 現代社会から出た狐02

第2章 日本における狐のイメージ03

第1節 狐に関する言葉 03

第2節 稲荷信仰  04

第3章 両国の狐のイメージの異同点 06

第1節 共通点06

第2節 相違点07

おわりに 08

参考文献 10

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部