从《派遣员的品格》看日本公司的派遣文化[日语论文]

『ハケンの品格』から見た日系会社の派遣文化_日语论文终身雇佣制是日本固有的雇佣制度。可是,由于泡沫经济的崩溃及日本经济的停滞,被认为永久不灭的终身雇佣、论资排辈陷入了困境。因为经济长期不景气,企业为了能够减轻负担,大量使用派遣人员。造成非正规雇佣者,特别是派遣员急剧增加。可是,派遣人员的工资是以计时工资制,没有奖金。交通费由自我负担,

『ハケンの品格』から見た日系会社の派遣文化_日语论文

摘要

终身雇佣制是日本固有的雇佣制度。可是,由于泡沫经济的崩溃及日本经济的停滞,被认为永久不灭的终身雇佣、论资排辈陷入了困境。因为经济长期不景气,企业为了能够减轻负担,大量使用派遣人员。造成非正规雇佣者,特别是派遣员急剧增加。可是,派遣人员的工资是以计时工资制,没有奖金。交通费由自我负担,3个月后重新签约。因此派遣员的生存环境十分严峻。而且,金融危机的现在,派遣职员的收入大幅度下降,经常被随意裁员。另一方面,随着派遣员的增加,与正式职员的冲突也变得激烈。与正式职员的对立被激化的同时,更加冲击日本企业集团内部的一致性。日本的劳动派遣制度是在欧美的基础上,根据本国状况革新而来的。这挑战了日本传统的雇佣制度,从根本上使之发生了改变。本论文就派遣的定义、原因现状以及派遣雇佣制带来的影响和今后的对策进行了分析。

关键词:日本;派遣员;雇佣制度;非正规劳动者

要旨

終身雇用制度は日本の伝統的な雇用制度である。しかし、バブル経済の崩壊及び日本経済の停滞、永久不滅と思われていた終身雇用は瀕死の状態に陥っていた。大手企業の8割近くが人員削減に踏み切る。結果、非正規雇用者、とくに、派遣と呼ばられる人が、爆発的に増加することになった。厚生労働省の調査によると派遣労働者数は年々増加しておる。しかし、給与は時給制でボーナスはなく、交通費も原則自己負担である。そして3ヵ月後契約を見直す。その環境は不安定で嚴しい。そのうえ、金融危機である現在、派遣社員の収入が大幅に下がったり、勝手に首を切られることもよくみられた。一方、派遣社員の増加につれて、正社員との衝突がより激しくなっている。そして、派遣社員の増加は正社員の減小を意味し、それと同時に正社員との対立が激化される。そうなると企業内の集団主義が乱される。日本の労働派遣制度は欧米の基準上で、本国の状況によって革新しできたものである。日本の伝統的な雇用制度に挑戦し、それを根本的に変化させるように促す。本論文では派遣の定義、派遣の原因と現状、派遣雇用制度からの影響及びその対策などを分析してみた。

キーワード: 日本;ハケン;雇用制度;非正規労働者

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部