浅析鲁迅小说中的日源词_日语论文

魯迅の小説作品における日源語彙について_日语论文 摘要 鲁迅于青年时期在日留学七年,饱受日本语言文化熏陶。归国后,鲁迅作为新文化运动的先驱者之一,毕生致力于白话严肃文学的创作。鲁迅在其作品中使用日源词数量较多,影响较大。本研究以鲁迅的三部小说集《呐喊》、《彷徨》、《故事新编》为例,提取其中的日源词作为研究对象,通过探究词语的来源、词性、用

魯迅の小説作品における日源語彙について_日语论文

摘要

鲁迅于青年时期在日留学七年,饱受日本语言文化熏陶。归国后,鲁迅作为新文化运动的先驱者之一,毕生致力于白话严肃文学的创作。鲁迅在其作品中使用日源词数量较多,影响较大。本研究以鲁迅的三部小说集《呐喊》、《彷徨》、《故事新编》为例,提取其中的日源词作为研究对象,通过探究词语的来源、词性、用法、与汉语的差异等揭示了鲁迅作品的“日化”现象,这对之后研究鲁迅作品乃至中日语言文化交流具有一定的参考价值。

关键词:  鲁迅  小说集  日源词

要旨

青年時代に、魯迅は日本に七年間留学したので、日本文化から深い影響を受けた。帰国後、魯迅は新文化運動の先駆者の一人として、畢生の力を白話文学の創作に注いだ。先行研究により、魯迅の小説作品において日源語彙の使用量が多く、その影響も大きいとされる。本研究は魯迅の3つの小説集『呐喊』、『彷徨』、『故事新編』を例に、その中の日源語彙を探し出して研究対象とし、言葉の起源、使い方、中国語との差異を検討し、魯迅作品の「日化」現象及びその意味を分析した。本研究は今後の魯迅の作品の研究ないし中日言語文化の交流の研究にとって、一定の参考価値があると思われる。

キーワード: 魯迅 小説集 日源語彙

目次

摘要

要旨

1はじめに1

2先行研究2

2.1魯迅作品の言葉風格と言葉形態2

2.2日源語彙についての研究3

2.3先行研究における問題点および本研究の位置付け3

3魯迅小説における日源語彙5

3.1日本語からの借用語5

3.1.1 完全な日本語語彙6

3.1.2 漢語の回帰語彙9

3.2魯迅独善的である日本語語源10

4魯迅小説に対する日源語彙の影響12

5 おわりに13

謝辞14

参考文献15

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部