试论《天平之甍》中井上靖的孤独感_日语论文.doc

その創作スタイルと表現モデルでは、積極的と消極的な両方面の要素が含まれている。作品中、孤独な詩情あふれる格調を持っている同時に、恬淡で知性化の人生を求める精神を備

要旨

 

井上靖は、戦後の日本における文壇に人気があるベテラン作家である。最も力強い代表作–『天平の甍』で、井上は史実を通じて、それぞれに異なる運命の孤独な内面を描写した。その中で流れている孤独感と作者人生観とも深い繋がりがある。だから、本稿は、歴史小説『天平の甍』を取り上げ、本文の中で主な筋や人物像を研究対象として、さらに井上靖の人生体験と結び付けて、井上靖の孤独感を深く探ってみたい。

 

   キーワード: 孤独感,無常観,運命,幼少年時代

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに 1

1.1 先行研究1

1.1.1 井上靖について 1

1.1.2 天平の甍について 2

1.2 研究の目的と方法2

2. 全盛期の作品に見る「強靭な孤独者」2

2. 1 作風とテーマの転換 2

2. 2 『天平の甍』における強靭な孤独者 3

 2. 2.1 鑑真3

 2. 2.2 業行4

3.『天平の甍』と無常観 4

4.井上靖における孤独体験5

4. 1 祖母と過ごした幼少年時代 5

4. 2 叔母と祖母の死 6

5.おわりに6

注釈 8

参考文献 9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部