日本文学作品中的河流意象-以《萤川》为例_日语论文

日本文学作品における河川のイメージ-『螢川』を一例として_日语论文+开题报告 摘要 河流是人类及众多生物生存无法缺少的基础,是抚育人类历史文明的摇篮,可以说人类早期的历史就是一部河流的历史。文学作品中的河流是现实河流的缩影,是对现实河流的高度概括。宫本辉是日本知名作家,以其“河川三部曲”被称为“河川作家”。本文以他获得过芥川文学奖的代表作品

日本文学作品における河川のイメージ-『螢川』を一例として_日语论文+开题报告

摘要

河流是人类及众多生物生存无法缺少的基础,是抚育人类历史文明的摇篮,可以说人类早期的历史就是一部河流的历史。文学作品中的河流是现实河流的缩影,是对现实河流的高度概括。宫本辉是日本知名作家,以其“河川三部曲”被称为“河川作家”。本文以他获得过芥川文学奖的代表作品《萤川》为例,希望通过分析作品中河流所凝缩的精神与意义,来阐明河流意象。

关键词:河流;宫本辉;萤川

要旨

河川は人类と多くの生物の生存に不可欠であり、人类の歴史文明を育むゆりかごであり、人类の初期の歴史は一部河川の歴史であると言える。文学作品における河川は现実の川の缩図で、现実の川を高度に概括する。本論では、日本で「河川作家」と呼ばれて知られている宮本辉の代表作として芥川赏を受赏した『螢川』を例にして作品における河川に凝缩された精神や意味を分析することにより、河川のイメージを明らかにしたい。

目次

摘要

要旨

序章  研究目的と先行研究1

第1節  研究目的1

第2節  先行研究1

第一章  宮本輝と『螢川』について2

第1節  宮本輝の生い立ち2

第2節  宮本輝の『螢川』について4

第二章  文学における河川のイメージについて5

第1節  河川と文学5

第2節  河川の象徴的意味6

第三章  作品における河川のイメージに関する分析7

第1節  河川と環境保護7

第2節  河川と郷土意識9

第3節  河川と人生10

第4節  河川イメージが変化した原因12

終章13

参考文献14

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部