战国名将丰臣秀吉的一生_日语论文.doc

豊臣秀吉といったら、日本語専攻の学生としてもよくわからないかもしれない。豊臣秀吉の事柄を研究することによって、もっと日本の歴史事件を知ることができる。また、人物を

要旨:

 

豊臣秀吉、初め木下藤吉郎また羽柴秀吉を名字とする。日本では、豊臣秀吉は紛れなく偉人の一人だと言ってもいい。豊臣秀吉は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、関白、太閣で、戦国三英傑の一人だ。尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる。足軽だが、後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。農民出身でありながら、織田信長の後を続き天下統一を果たした、まさに成り上がりの人生を送る。

天正十八年から慶長三年間にかけての支配者で、新しい封建体制を立った。士農工商の制度を行って、新興の商工業を褒賞し、都会の発展を支援する。天正十六年、武士以外の僧侶や農民などから武器の所有を放棄させる刀狩令を発布した。私的な武力行使を制御することを目的とした喧嘩停止令、海賊行為に対しても海賊停止令を発布し、国内における私的な武力抗争を抑制した。兵農分離の制度を強固にして、武士を都会で住まさせる。また、大阪城を築いた。

豊臣秀吉の政策は時代的な意味がもっている。日本社会に対して中世期封建社会から近代封建社会までの転変に大きな役にたつ。今にも多くの日本青少年は豊臣秀吉をモデルとして敬慕している。こういう伝奇的な人物には、中国でも日本でも多くの学者は研究している。

 

キーワード:豊臣秀吉;安土桃山;支配者;政策

 

目次

摘要

要旨

始めに-1

1 戦国時代と安土桃山時代-3

2 豊臣秀吉の出身-4

3 豊臣秀吉の経歴-5

3.1  織田家に仕官-5

3.2  本能寺の変-5

3.3  大阪城を築く-6

3.4  天下統一を果たす-6

4 豊臣秀吉の措置-8

4.1  軍事上の措置-8

4.2  政治上の措置-9

4.3 経済上の措置-10

4.4  宗教上の措置-11

4.5  文化上の措置-12

5 豊臣秀吉についての評価-14

終わりに-15

参考文献-15

謝辞-17

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部