从食生活来看日本文化的受容性[日语论文]食に見られる日本文化の受容性+开题报告

食に見られる日本文化の受容性_日语论文+开题报告人为了生存所做的努力中最费心思的当属食物的获得。从石器时代到现代,思考力丰富的人类无论是吃饭的手段还是方法都取得了显著地进步。人不可一日无食,属于人类世界的日本也不例外,他们也是以辛勤的努力同自然环境搏斗,经过了许多时代的变迁才形成了如今的日本食文化。本论文在前人研究成果之上首先以在吸收

食に見られる日本文化の受容性_日语论文+开题报告

摘要

人为了生存所做的努力中最费心思的当属食物的获得。从石器时代到现代,思考力丰富的人类无论是吃饭的手段还是方法都取得了显著地进步。人不可一日无食,属于人类世界的日本也不例外,他们也是以辛勤的努力同自然环境搏斗,经过了许多时代的变迁才形成了如今的日本食文化。

本论文在前人研究成果之上首先以在吸收和消化中国影响中发展的平安时代和西式化的明治时代为重点,叙述了日本的食文化的来历和发展的基本状况,然后以面条,咖喱饭,快餐食品等为例分析多国料理在日本的当地化,通过上述分析了解了日本人是如何接受和容纳各种各样的异国料理,使之与日本本土料理折中结合这一问题及其体现出的日本人一切从简,喜欢创造等性格特征以及这样的食文化变化给日本社会带来的重要影响。

关键词:食文化;发展;多国料理;受容;影响

要旨

人が生き抜くために最も苦心したのは、言うまでもなく食物の獲得である。石器時代から現代にかけて思考力に富む人間は食事の手段や方法で著しく進歩した。食は人々の日常生活に欠かせないことで、人間世界に属する日本も例外ではなく、それなりの努力で自然環境と戦い、いくつかの時代を渡って今の日本食文化を作り出したのである。

本論は今までの研究成果を踏まえて、まず中国の影響を消化しながら食文化が発展していった平安時代と洋風化の明治時代を着目し、日本の食文化の由来と発展の基本状況を述べ、それから麺食、カレーライス、ファーストフードなどの例を挙げて日本での多国料理の現地化を分析した。その分析を通じ、日本人がどうやっていろいろな異文化料理と和食を組み合わせた折衷料理に変化させたことと、そこには日本人の簡便好きと創造性などの性格があり、その食文化の変化が日本社会にも影響をもたらしたことがわかった。

キーワード:食文化;発展;多国料理;受容;影響

目次

摘要

要旨

はじめに1

1.日本食文化の由来1

1.1 食文化とは1

1.2 古代から平安への食2

1.3 江戸から明治への食3

2.多国料理の現地化3

2.1 麺料理4

2.1.1 うどんとそば4

2.1.2 ラーメン5

2.2 カレーライス5

2.2.1 カレーの由来5

2.2.2 日本でのカレーライスの定着6

2.2.3 日本的なカレーライス6

2.3 ファーストフード7

3.食から窺う日本人の心8

3.1 今の食生活を作った要因8

3.2 日本食文化の変化がもたらした影響9

おわりに10

参考文献12

致謝

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部