从《源氏物语》看日本文学中的无常观_日语论文

『源氏物語』から見る日本文学の無常観_日语论文 摘要 “无常观”是日本文化中的重要组成部分,它是随着佛教的传入而逐渐融入到日本文化之中的,并在日本文学中起着重要的作用并在之后不断发展,形成了日本人的文化体系。感叹世事无常是日本文学永恒的主题,他们时常感觉人间万物“变化无常”。研究日本文学的无常观可以更好的了解日本文学的进程,了解日本文化的

『源氏物語』から見る日本文学の無常観_日语论文

摘要

“无常观”是日本文化中的重要组成部分,它是随着佛教的传入而逐渐融入到日本文化之中的,并在日本文学中起着重要的作用并在之后不断发展,形成了日本人的文化体系。感叹世事无常是日本文学永恒的主题,他们时常感觉人间万物“变化无常”。研究日本文学的无常观可以更好的了解日本文学的进程,了解日本文化的发展。文章从《源氏物语》中无常观的两方面分析,进而推展到对后世文学中无常观的体现与发展。无常观不再仅仅是消极的,也存在着积极方面。无常观在日本文学中的重要地位,对日本人的思想及生活带来了巨大的影响,而无常观所体现的积极方面,也不断促进日本整个民族的发展。 

关键词:日本文学 佛教 无常观 《源氏物语》

要旨

「無常観」とは日本文化の重要な構成部分である。それは仏教の伝来に従って日本文化に溶け込んでき、そして日本文学においては重要な役割を果たし、その後に徐々に発展していく、日本人の文化体系が形成された。世間の無常は日本文学の永遠のテーマだと嘆く,彼らは世の中の万物は「無常変化」していると深く感 じているらしい。日本文学の無常観を研究して、日本の文学のプロセスをよく知ることができて、日本の文化の発展を知ることができる。文章は『源氏物語』の無常観の両面から分析し、後世の文学における無常観の体現と発展に至った。無常観は単に消極的ではなく、積極的な面もある。無常観は、日本文学の重要な地位において、日本人の思想や生活に大きな影響を与えているが、無常観における積極的な面も、日本全体の民族の発展を促進する。

キーワード:日本文学  仏教  無常観  『源氏物語』

目次

摘要

要旨

1 はじめに1

2 無常観について1

2.1 無常観の意味1

2.2 日本人の無常観2

3 『源氏物語』の無常観3

3.1 『源氏物語』における四季風物が引き立てた無常観3

3.2 『源氏物語』における光源氏の人生の無常観4

4 『源氏物語』の無常観が後世文学での発展5

4.1 『方丈記』の無常観6

4.2 『徒然草』の無常観6

5 おわりに7

参考文献8

謝辞9

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部