岛崎藤村的《初恋》和浪漫主义世界_日语论文.docx

島崎藤村は第一詩集『若菜集』を発表して文壇に登場した。『一葉舟』『夏草』『落梅集』の詩集で明治浪漫主義の開花の先端となり、土井晩翠と共に「藤晩時代」あるいは「晩藤

要旨:島崎藤村は最初浪漫主義の詩人として出発して、後に浪漫主義の散文を書き、その後、告白文学をはじめ、『破戒』、『新生』などの作品を完成し、日本近代の文壇で重要な役割を果たしている。今になっても日本近代の浪漫主義文学の担い手として尊敬されている。「初恋」は島崎藤村が執筆した浪漫主義の詩集『若菜集』の中で一節で、初恋のローマンチックに溢れているので、日本人に愛読されている。初々しい「初恋」のイメージとはちょっと違う。少年の恋ではなく、青年の恋、大人になってしまう少し手前の美しくて若い恋の歌のように感じる。

本稿では、島崎藤村の「初恋」を中心に、島崎藤村の浪漫主義世界について検討してみたい。まず、島崎藤村の成長と創作について簡単に紹介する;それから、代表的な詩集『若菜集』とその中の有名の一節「初恋」について分析してみる;最後に、「初恋」から島崎藤村の浪漫主義世界を垣間見る。

 

キーワード:島崎藤村;初恋;若菜集;浪漫主義

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1島崎藤村について-2

1.1生涯-2

1.2創作-3

1.2.1浪漫主義の時代-3

1.2.2自然主義の時代-3

2『若菜集』と「初恋」-5

2.1『若菜集』-5

2.2「初恋」-5

3「初恋」から見た島崎藤村の浪漫主義世界-7

3.1日本の浪漫主義文学-7

3.2島崎藤村の浪漫主義の特徴-8

3.2.1新しい文体-8

3.2.2西洋の浪漫主義と日本の文学伝統-8

3.2.3人間性-9

3.3島崎藤村が浪漫主義文学への影響-9

終わりに-11

参考文献-12

謝    辞-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部