从风土看中日料理之异同点_日语论文.docx

日本は千島の国として、周知のように畑が少ないが、牧畜産業が発達している。そのため、日本で一般的な家庭はいつも稲を食べて、稲を主食としている。一方、日本には海岸線は

要旨:

 

昔ながら、中日両国は長い文明交流の歴史があり、中国の食文明は日本に消せない影響をもたらしている。本文は先人の研究のしたもとで、中日両国の調理法、食材、食器という三つの方面で、両国の食文明も研究しながら、中日料理の相違点を分析したものである。それによると、中日両国の地理環境の違いは中日両国の食文明におけて大きな影響を与えていた。また、両国の国民の自然についての認識も区別がある。人の意志は天より強くて、自然を改造、利用すべきだと主張しているのは中国の伝統的な認識だ。中国の伝統的な認識と違って、自然を畏敬するのは日本の伝統的な認識だ。日本はよく自然災害に見舞われるため、そしては認識が形成された。日本の食文明は数千年前の縄文時代に遡ることができる。それによると、日本は悠久な歴史がある。だから、日本人は食べ物も十分に重視している。彼らは食物を自然からの恵みだと思う。周知のように、世界で日本はもっとも長寿の国の一つである。日本人は新鮮な生のものが好きだ。日本人にとっては、この飲食習慣は芸術だけでなく、さらに一つの生活態度だ。

中日両国は食文明に差異が存在するだけでなく、ほかの面でもいろいろな差異もある。その差異を深く了解すると、両国の国民の互いに理解と信頼に役立つものだと思う。

 

キーワード:風土;料理;相違点;発展

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1調理法の違い-2

1.1中国料理の調理法-2

1.2日本料理の調理法-3

2食材の特徴-5

2.1中国の食材の特徴-5

2.2日本の食材の特徴-6

3食事の道具–箸-8

3.1中国の箸の歴史と外観-8

3.2日本の箸の歴史と外観-9

4中日料理の外見と味-10

4.1舌と眼で食べる日本人-10

4.2舌と鼻で食べる中国人-10

終わりに-12

参考文献-13

謝 辞-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部