从吉卜力工作室看日本的治愈系_日语论文.doc

本论文中,首先从日本“治愈系”先行研究的总结中,追求“治愈系”的意义、概念、种类等。其次,探究吉卜力工作室的发展。然后,比较吉卜力工作室的治愈系作品,总结作品中人

要旨:現代には、日本人だけでなく、世界中の人々も社会の進歩発展に痛めつけられている。この痛みに対して人間が取る態度と対処法が異なる。日本では社会の発展とともに、「癒し」文化が流行するようになってきて、綺麗になって全世界に注目されている。例えば、「癒し」映画、「癒し」ドラマ、「癒し」小説などは、人々の関心の対象となっている。その中で、特にスタジオジブリの作品は人々に広く知られて、人々を安心させる。

本論文はまず日本の「癒し系」の先行研究をまとめ、「癒し系」の意味や概念、種類などを追求する。次に、スタジオジブリの発展を探究する。そして、スタジオジブリの癒し系の作品を比較して、作品の人物特徴をまとめる。

更に、スタジオジブリの癒し系の作品のあらすじを研究することによって、日本の「癒し系」文化はどんな精神が代表するか、どんな役割を果たすかがわかる。最後に、全文のまとめとして、グローバル経済に打撃された人間はどのように自分の優しい本質を回復させ、自らの癒し方法を探すということを分析。また、スタジオジブリの作品からみる日本の「癒し系」文化が激しい現代競争で人々に暖かさをあげるという結論を導く。

キーワード :日本文化;「癒し系」文化;スタジオジブリ

 

目次

要旨(日本語)

要旨(中国語)

1 はじめに-7

1.1研究の動機及び目的-7

1.2先行研究のまとめと新し点-7

2癒し系とスタジオジブリ-8

2.1癒し系の基本概念-8

2.2癒し系の発展と種類-8

2.3スタジオジブリの紹介-9

3癒し系作品の人物の特徴-11

3.1子供をめくる主役-11

3.2人間の優しい本質を現れる-12

3.3人間と自然に溶け込む-13

3.4不幸的な始まる、楽しい結局-14

4日本の癒し系作品のあらすじ-14

4.1人間の関心と愛で心の寂しいに癒し-14

4.2童話で人間の望み心理を癒す-14

4.3穏やかな音楽の背景で生活の圧力に癒す-15

5終わりに-15

注釈-16

参考文献-17

謝辞-18

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部