東野圭吾の作品における社会問題–『白夜行』を中心に_日语论文.doc

東野圭吾は、日本の小説家である。高校生の時、推理小説に初めて嵌まり、やがて推理小説を書き始める。作品を続けざまに生み出す。2006年には『容疑者Xの献身』でかつてないほど

要  旨

 

東野圭吾は現代日本のトップ・ミステリー作家である。彼のベストヒット作『白夜行』に関する研究は様々な角度から展開され、数も少なくないだが、社会問題にはあまり触れていないようである。これは気になる現象の上に、また研究に値するテーマではないだろうか。そういう訳で、本論文は『白夜行』に関する従来の研究を概観し、本研究の立場を明らかにする。『白夜行』における社会問題を考察する。作品の中に体現される影響を分析する。本稿では、下層の民衆の困苦、児童性愛、不倫の恋と未成年犯罪、そして経済成长による問題から『白夜行』における社会問題を分析する。

キーワード:社会問題;東野圭吾;白夜行

 

目録

要 旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 『白夜行』における社会問題-2

2.1 下層の民衆の困苦-3

2.1.1現実の残酷-4

2.1.2貧乏によって招く不公平-4

2.2 児童性愛-5

2.2.1 不幸な子供時代-5

2.2.2 侵害される児童への影響-6

2.3 不倫の恋-7

2.4 未成年犯罪-8

2.5 経済成长による問題-9

3. まとめ-10

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部