中日两国“补习班”的比较_日语论文.docx

中学校、高校の学生たちは塾に入って、主に目的は成績を高めて、短所を是正して、問題の解決方法を教えてもらって、テストに参加する時間を短くて、そして、いい高校に入って

要旨:

 

中日両国の経済が急速に成長するに伴い、国民の生活レベルも大きく向上している。特に少子化時代に進むにつれ、一人っ子が多いため、親は子供の教育を非常に重視し、子供が全面的に成長することを願う。子供をいい中学校いい高校といい大学に進学させるために、いい塾を探して子供を行かせる。

 現在、中日両国ともに種々な塾がある。しかし、中日両国で塾が現れた背景、起源、発展現状と経営制度は違う。この論文の主な目的は中日両国で塾が現れた背景、起源、発展現状と現代塾の経営制度を研究し、両者についての比較を通じて、それぞれの長所と経験を学び合うところにある。

 

キーワード:塾;背景と起源;発展現状;経営制度;中日比較

 

目次

摘要

要旨

1「塾」が現れた背景-1

1.1中国で「塾」が現れた背景-1

1.2日本で「塾」が現れた背景-2

2「塾」の起源と発展-4

2.1中国の「塾」の起源と発展-4

2.2日本の「塾」の起源と発展-4

3「塾」の経営制度-6

3.1中国の「塾」の経営制度-6

3.2日本の「塾」の経営制度-6

4「塾」の長所と短所-9

4.1中国の「塾」の長所と短所-9

4.2日本の「塾」の長所と短所-9

4.2.1長所-9

4.2.2短所-10

4.3互いに学び合うべき長所と経験-10

4.3.1日本が中国に学ぶべきもの-10

4.3.2中国が日本に学ぶべきもの-10

おわりに-11

参考文献-12

謝辞-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部