日本人消费观念变化下服务业产业模式的多元化发展[日语论文]

自二战以来至今,随着科技水平不断发展,产业模式整合升级,日本经济逐渐呈现复苏趋势,得到进一步的发展,正迎来新挑战和新机遇并存的重要时期。但是,日本经济发展仍存在较大的不确定性,经济复苏的根基尚不稳固。与此同时,随着收入和生活水平的提高,日本民众消费需求发生了很大变化,已由关注传统的衣食住行等基本层次向关注身心健康需求方向转换。为了实现

日本人の消費観念の変化によるサービス業における産業様式の多様化について[日语论文]

要旨

第二次世界大戦後、科学技術の発展とともに、産業様式が組み直され、日本経済は徐々に回復軌道に戻れ、さらに発展している。現在、日本経済は新しい挑戦と得難い機会を直面する大切な時期を迎える。とは言いながら、日本経済の発展にも、大きな不確定性を持って、回復の基礎はしっかり固めたともいえない。近年来、収入と生活水準が向上するに伴って、日本人の消費動向はすでに、衣食住など基本的な内容から心身健康を要望する方向へ転換し、大きな変化が見られる。日本経済を持続そして安定的に発展させるため、企業の生産方式を調整し、日本人の消費観念と消費動向に向かう多様化な産業様式を営むことは重要である。

本論文は先行研究を踏えて、日本国民の消費観念と産業様式の関係を分析することによって、第二次世界大戦以来日本国民の消費観念の変化による産業様式の多様化な発展を詳しく究明したいと思う。本論を通して、日本国民の消費観念の変化に応じるとともに、健全な経済の発展のニーズを満たす新しい産業様式を見出すことに参考できると期待している。

キーワード:経済回復;産業様式;消費観念;多様化

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部