关于7-11便利店的经营理念[日语论文]セブンイレブンの経営理念について

セブンイレブンの経営理念について[日语论文] 摘要 近年来,随着中国经济的腾飞,各国企业纷纷进入中国市场,与人们生活息息相关的行业也发生了翻天覆地的变化。以购物为例,超市已经不再是唯一选择,便利店渐渐成了人们日常购物的去处,如7-11便利店、Familymart等等。在日式便利店大量涌入中国市场的同时,中国本土的便利店行业也在慢慢发展,但在售卖的形式上更多地

セブンイレブンの経営理念について[日语论文]

摘要

近年来,随着中国经济的腾飞,各国企业纷纷进入中国市场,与人们生活息息相关的行业也发生了翻天覆地的变化。以购物为例,超市已经不再是唯一选择,便利店渐渐成了人们日常购物的去处,如7-11便利店、Familymart等等。在日式便利店大量涌入中国市场的同时,中国本土的便利店行业也在慢慢发展,但在售卖的形式上更多地以模仿日本便利店为主。 

日本7-11便利店四十多年来一直坚持其经营理念,创始人铃木敏文将一个濒临破产的美国企业带回日本,并在四十多年的发展中,使之一跃成为现今全球最大的便利店连锁公司。7-11四项具有代表性的经营战略,分别是“创新意识”、“比起价廉,更注重物美”、“朝令夕改式的经营战略”、“上下级关系”。结合7-11的情报系统逐步探究,其经营理念主要是“假说-检证”、“始终站在消费者的立场上”两点。

关键词:7-11便利店;经营理念;铃木敏文

要旨

近年、中国経済の高度成長につれて、各国の企業が中国市場に入ってきた。人々の生活と極めて密接な関係にある業界にも大変な変化が訪れた。たとえば、ショッピングは、スーパーがすでに唯一の選択ではなく、コンビニエンスストアがだんだん人気になっている。セブンイレブン、ファミリーマートなどがその例である。今まで、日本式のコンビニストアは大量に中国へ入っているが、中国の小売業もゆっくりと発展している。もちろん、販売形式については、ある程度日本のコンビニのまねをしている。

セブンイレブンはその四十数年にわたる発展のプロセスにおいて、自分の経営理念をいつまでも持っている。創始者の鈴木敏文は破産寸前のアメリカ企業を日本へ持ち帰って、そして、四十数年の発展を経て、今は世界一のコンビニストアになった。セブンイレブンは「革新意識」、「価格より品質」、「朝令暮改」、「上下関係」という四つの代表的な経営戦略がある。そして、セブンイレブンはその情報システムと結び付けて、「仮説――検証」、「消費者の立場に立つこと」という経営理念を持っている。

キーワード:セブンイレブン;経営理念;鈴木敏文

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部