日本传统文化与企业经营_日语论文.docx

日本は古くから、外来文化を受容されて独特な日本文化が形成した。その過程の中で、重視されなければならないのは中国文化の影響だと思う。農耕技術は中国から日本に伝えた後

要旨:

 

1968年、日本は世界第ニ位の経済大国になった。島国の日本は、自然に恵まれる資源と地理はないが、第ニ次世界大戦の後、急に成長してきた。その原因と言えば、日本の伝統文化に合わせる企業経営がその一因としてよく挙げられる。本文は典型的な日本企業管理制度を基づいて、日本の「和」観念、集団意識、序列意識など伝統文化の起源と表現、及び終身雇用、年功序列、企業別組合など日本企業経営の「三つの神器」の主要的な特徴をまとめる。そして、伝統文化と企業管理の対応関係を分析する。日本の「三つの神器」式の企业管理方法は日本の伝统文化によって作成したと思われる。これらの制度は社员のやる気を促進し、企業の成長と経済発展を促す効果がある。中日両国は一衣帯水な国で、古くから経済や文化などさまざまな面において頻繁に交流してくる。儒学の薫陶を受けた中日両国は、文化的には共通点がある。だから、私たちは日本の伝統文化を踏まえる企業管理方法を参考にして、我が国の伝統文化と国民意識によって、自国にふさわしい企業管理制度を作らなければならない。

 

キーワード:「和」意識;伝統文化;企業経営

 

目次

摘要

要旨

はじめに- 1

1日本の伝統文化-2

1.1「和」観念-2

1.2集団意識-3

1.3序列意識-3

2日本の企業経営の特徴-4

2.1终身雇用-4

2.2年功序列-5

2.3企業別労働組合-6

3日本の伝統文化と企業経営-6

3.1「和」観念と终身雇用-7

3.2序列意識と年功序列-7

3.3集団意識と企業別労働組合-8

おわりに-9

参考文献-10

謝辞-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部