浅析日本人的雪文化[日语论文]

日本人の雪文化について_日语论文 摘要 在日本文学中,雪由于其独特的性质,自古以来都是文人赞颂的对象。本文运用材料分析法、文献研究法,以三岛由纪夫的《春雪》、川端康成的《雪国》、渡边淳一的《一片雪》等作品为考察中心,通过文章中出现的雪景所表现的雪的特质,研究它们蕴含的作者的情感或者在文章中象征的意义。这三个作品都体现了雪的飘渺易逝、肆虐狂

日本人の雪文化について_日语论文

摘要

在日本文学中,雪由于其独特的性质,自古以来都是文人赞颂的对象。本文运用材料分析法、文献研究法,以三岛由纪夫的《春雪》、川端康成的《雪国》、渡边淳一的《一片雪》等作品为考察中心,通过文章中出现的雪景所表现的雪的特质,研究它们蕴含的作者的情感或者在文章中象征的意义。这三个作品都体现了雪的飘渺易逝、肆虐狂暴、纯洁美好,雪在这些文人的笔下是男女主人公爱情的见证者,也是死亡和破灭的象征,同时也体现了一种哲学意义即虚无主义。探析雪意象代表的文化和深层蕴意对我们学习日本的作品,了解作者的思想以及研究其他意象具有重要意义。

关键词:日本近代文学 雪文化 虚无主义 瞬间美 

要旨

日本文学では、雪はその独特な性質から、古くから文人の称賛の対象である。本文は材料分析法、文献研究法を用いて、三島由紀夫の『春の雪』、川端康成の『雪国』、渡辺淳一の『一枚の雪』などの作品を中心に、文章に出てくる雪景色によって表現される雪の特質、それらに含まれる作者の感情や文章の象徴的な意味を研究する。これらの文章の雪のイメージを利用して、雪が日本文学の中で一定の分量を占めていることを知ることができる。文章作品では、作者は雪のイメージを使って自分の感情を表現し、連想のきっかけを表現する。雪イメージの代表的な文化と深い意味を探ることは、私たちが日本の作品を勉強し、作者の思想を理解し、他のイメージを研究する上で重要な意義を持っている。

キーワード:日本の近代文学 雪の文化 ニヒリズム 瞬間美 

目次

摘要

要旨

1 はじめに1

2 愛情の証拠者1

2.1 『春雪』の清顕と聡子愛の証し1

2.2 『雪国』の島村と葉愛の証し2

2.3 『一枚の雪』で、伊織と阿霞愛の証し3

3 死と破滅3

3.1 清顕と松子愛の滅びと死3

3.2 伊織と阿霞の愛の滅びと死4

3.3 島村と葉の愛の滅びと死4

4 ニヒリズム5

4.1 『一枚の雪』に表れる雪の虚無主義5

4.2 『春の雪』に表れる雪の虚無主義6

4.3 『雪国』に表れる雪の虚無主義6

5  終わりに6

参考文献8

謝辞9

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部