中国唐代服装与和服的联系[日语论文]中国唐の時代の服装と和服の繋がりについて

中国唐代服装与和服的联系[日语论文]中国唐の時代の服装と和服の繋がりについて+开题报告摘要中国唐代是中国封建社会最繁荣的时代。可以说,政治开放、思想活跃,服装样式也比以前任何一个时代开放的唐代(公元618-907)是中国服装文化史上

中国唐代服装与和服的联系[日语论文]中国唐の時代の服装と和服の繋がりについて+开题报告
摘  要
中国唐代是中国封建社会最繁荣的时代。可以说,政治开放、思想活跃,服装样式也比以前任何一个时代开放的唐代(公元618-907)是中国服装文化史上最为辉煌的一页。日本作为离中国最近的岛国,受到了很大的影响。从隋朝开始日本首次和中国往来,之后随着隋唐的建立,日本积极采纳中国的文化制度。
公元8世纪,自中国唐代服装进入日本以来,那个时期的日本服装大部分是模仿唐代服装的。而随着时间的流逝,和服渐渐地成为了具有独特的民族文化的服装。并在和服演变的过程中,具有了独特的历史意义。另一方面,虽说和服原本是由唐代服装演变而来的,但是两者还是有很多的不同点的。通过研究唐代服装与和服的差异,可以看到两者存在紧密的联系。
总的来说,中日两国是一衣带水的邻国,古老的政治文化交流使两国的服饰文化存在着相似因素。而和服的发展与变化极大地受到当时两国的政治经济、风俗文化等社会因素的影响。
因此,中国和日本有着深厚的关系,而在服装方面两者更是有着深切的联系。
关键词:中国唐代服装、和服、比较、影响、联系
要  旨
唐の時代は中国の封建社会が最も栄えた時代である。政治が開放され、思想が活発され、服装の様式も以前のどの時代よりも解放的になった唐代(西暦618-907年)は中国服装文化史において最も輝かしい1ページであると言えよう。日本は中国に一番近い島国として、大きな影響を受けていた。隋の時代から日本は初めて中国と交流し、その後、隋・唐時代の繁栄にしたがって、中国の文化、制度を盛んに取り入れた。
西暦紀元の8世紀、中国唐代の服装は日本に入って来てから、その時期には和服はほとんど唐の時代の服装をまねていた。時間を経つにつれて、和服は次第に独特の民族文化を持つようになった。しかも和服の変化の過程の中で、独特の歴史意義をもっていた。一方、和服はもともと中国唐代の服装が伝わったものだが、両者は多くの相違点がある。唐代の服装と和服の相違を研究することによって、両者は緊密な繋がりに存在することを見ることができる。
要するに、中日両国は一衣帯水の隣国であり、古くから政治、文化交流を盛んに行ったことによって、両国の服飾文化は似た要素があった。和服は当時の両国の政治と経済文化、風俗など社会的諸要素の影響を受けて発展してきたものである。
したがって、中国と日本は深い関係があるが、服装の面においても、両国は深い繋がりがある。
キ-ワ-ド:中国唐の時代の服装、和服、影響、繋がり

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部