从明治时期立法看日本人的对外观_日语论文.docx

变法就是法律移植,也就是对外来文化吸收的过程。日本认识怎么看外来文化的?他们是怎么对待外来文化的?又有什么原因让他们这么想和这么做的呢?历史是面镜子,我们以史为镜

要旨:法律は一国強盛の基礎である。近代以来多くの国は立法を通して、世界の大国になった。前々から、歴史に興味を持っている私は日本語を勉強しているうちに、日本の歴史への理解も深めた。近代以来、日本は明治維新を通して、封建社会から近代社会に移り変わった。ほぼ同時に、中国は戊戌变法などの一連社会改革を行った。しかし、同じように見えたその変革は結果はまったく異なった。明治維新が日本社会に大きな影響えを与え、その改革を経て先進国の一員になった。それに対して、中国の変化はあまりなかった。

 変法の過程は外来文化を吸収する過程である。日本は外来文化に対してどう考えるか。そして、日本人は外来文化と伝統文化の相異に対してどう扱うか。また、その原因は何であるか。歴史とは鏡である。私はこの論文を通して、以上の問題を探求したい。

 本文は、まず明治立法について紹介し、それから、世界のほかの国の変法と比較した。最後は明治立法の再思考である。

 

キーワード:明治立法;外来文化;吸収

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.明治立法について2

2.1日本法律の歴史

2.2立法の背景

2.3立法の戦略

2.4まとめ

3.他国との比較3

3.1中国の変法について

3.2フランスの変法について

3.3明治立法の特色

3.4まとめ

4.立法の対外観4

4.1「和魂西風」からの対外観

4.2「中体西用」からの対外観

4.3日本の対外観の再思考

4.4まとめ

5.終わりに5

参考文献 .9

謝辞10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部