驻日美军对日本社会的影响[日语论文]日本における米軍と日本への影響

驻日美军对日本社会的影响[日语论文]日本における米軍と日本への影響要旨「日本は第二次世界大戦の無条件投降の後、1951年アメリカと「日米安保条約」を締結した。この条約にはアメリカが日本に陸軍,海軍、空軍の駐留する権力があって、在

驻日美军对日本社会的影响[日语论文]日本における米軍と日本への影響
要  旨
「日本は第二次世界大戦の無条件投降の後、1951年アメリカと「日米安保条約」を締結した。この条約にはアメリカが日本に陸軍,海軍、空軍の駐留する権力があって、在日米軍は極東平和を維持して日本の安全を保護するために、日本政府の要請によると、武力で内乱と暴動を弾圧して、又は外国の武力攻撃を応対した。」[1]米軍は日本に駐留 する条件が日米両国の間の行政協定を基づいた。在日米軍は六十年の後、今の日本の社会には在日米軍への思考も多元化になっている。
在日米軍は日本の戦略の保護の意味と在日米軍はアジア太平洋地域全体の戦略の情勢の考えに基づいて、日本政府と日本国民は在日米軍に対する態度は積極的だ。しかし同時に無視できない問題は、数十年の間に在日米軍は日本の土地で「本分」を守っていなくて、日本人の心の中には在日米軍の地位とイメージが深刻な影響を受けた。同時に、日米政府と日本民間は在日米軍基地の立地及び移設問題などもずっとしつこくつきまとう。在日米軍は、司法などの方面の特権をもって、日本人の民族性と心理の上の不平感をもたらした。だから在日米軍へこの課題を研究することは、日本の国民性と日本の防衛政策の制定を理解することの特定の意味がある。本文は在日米軍の日本社会への影響の分析を通じて、以下の方面から発想するつもりだ。第一に、在日米軍の存在と由来と在日米軍の時代背景を紹介する。第二に、経済や政治や社会反映などの方面から在日米軍が日本にもたらした影響を検討する。第三に、日本国民性と日本の文化の特徴を探索して在日米軍は日本の民族の心理への影響を分析する。最後には日本政府は在日米軍への態度から日本防衛政策の行方を研究する。
キーワード: 在日米軍;保護;防衛政策

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部