论阳明学对日本近代革命的影响-以中江藤树学说的继承与发展为中心[日语论文]

阳明学即由王守仁发展阐述的心学理论,属于儒学一派。其发源于明朝中后期,于近代传播至日本、朝鲜等东亚国家,风靡一时。由于在国内作为正统学说的朱子学说一直以来保持着极高地位,虽然阳明学不乏支持者,但在国内受众并不算广,并从清朝开始逐渐衰落;相反,在日本,以“知行合一”学说为代表的阳明学思想被受到近代西方革命浪潮影响的日本民众所接纳,并成为

日本近代革命における陽明学からの影響—中江藤樹の学説の継承と発展を中心に[日语论文]

要旨

王陽明は明の儒学家であり、心学を集大成した。心即理、知行合一、致良知などを説き、陽明学を完成した。陽明学が中国の儒教学説として、近代に日本へ広まり、江戸時代の中江藤樹及び弟子の熊沢藩山などの学者らに高く評価された。日本の学界で広められる中、多くの支援を引き付け、日本でさらに広まり、日本の近代革命に影響を与えた。これは日本国内での「日本化」と関わっている。

今まで陽明学が日本の近代革命に与えた影響についての先行研究では、おおむね具体的な人物、社会的環境や具体的な学説の役割に注目する。陽明学が近代の日本革命で発揮した作用は多く時代によって区別され、陽明学者の主張するものの一部に注目し、彼らの思想の形成や変わる過程を系統立てて分析されていない。本稿は主に中江藤樹の学説及びそれの継承や発展を論じ、具体的に日本の近代革命への影響を分析した。まず陽明学の説明とその普及の過程から、簡単に陽明学の起源、流派や日本へ広まる過程を紹介し、陽明学が日本の学者に受け入れられた理由を分析した。次には中江藤樹の学説の形成過程をめぐって検討し、中江藤樹が朱子学から陽明学へ関心を寄せてきた過程及びその学説の具体的な内容を述べた。それから彼の弟子や他の門下がその学説を受け継いで発展したことを研究し、それに関する学説が革命への影響を分析した。

キーワード:陽明学  幕末  革命  中江藤樹  明治維新

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部