德川家康与江户幕府[日语论文]德川家康と江戸幕府の樹立

德川家康と江戸幕府の樹立[日语论文] 要旨 265年続く江戸時代(1603-1867)は、武家中心の封建社会にとって最も安定した時期で、それと同時に、経済と文化も最も繁栄した時期でもある。この時代の基盤づくりの中心人物は徳川家康で、彼は京都裁判所との協力を通じて政治的権威を達成し、日本の実際の執権者になった。 徳川家康は幼い時から実の母を離れて、身を寄せる

德川家康と江戸幕府の樹立[日语论文]

要旨

265年続く江戸時代(1603-1867)は、武家中心の封建社会にとって最も安定した時期で、それと同時に、経済と文化も最も繁栄した時期でもある。この時代の基盤づくりの中心人物は徳川家康で、彼は京都裁判所との協力を通じて政治的権威を達成し、日本の実際の執権者になった。

徳川家康は幼い時から実の母を離れて、身を寄せる、忍びの性格を形成する。彼は違う時期に違う人と手を組んで敵に打撃を与える。数多くの戦いを経験し、次第に自分の権力や地位を確立した。徳川家康は1603年に「徴夷大将軍」と任ぜられ、「江戸幕府」を設立して、「江戸時代」を始めた。

徳川家康が国権を引き継いだ後、権力を統合するために、彼は封建秩序を再編し強化する一連の措置を採った。封建秩序が強化され、日本の封建社会は新たな段階に追い込まれ、徳川幕府が260余年にわたって、安定した支配を維持することができた重要な理由となった。徳川家康も日本の朝廷に「東照大権現」を赐り、江戸幕府の神となり、日本の東照宫に祀られ、後世に「東照神君」と呼ばれる。

キーワード:江戸幕府;徳川家康;封建秩序;幕藩体制

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部