明智光秀的武士之道[日语论文]

明智光秀的武士之道[日语论文]明智光秀及びその武士の道要旨十六世紀の戦国時代、群雄割拠諸国は戦に明け暮れ、民生凋弊、世は乱れに乱れた。ところが、尾張大名・織田信長の急速な崛起と伴って、社会形態は激変した。荘園経済

明智光秀的武士之道[日语论文]
明智光秀及びその武士の道

要  旨
十六世紀の戦国時代、群雄割拠諸国は戦に明け暮れ、民生凋弊、世は乱れに乱れた。ところが、尾張大名・織田信長の急速な崛起と伴って、社会形態は激変した。荘園経済崩壊、軍事土地制度改革、外来文化輸入等々、社会にとって平和でおだやかな発展は一大事で、天下統一は阻まぬ時代の流れになった。だが、織田信長は「天下布武」の旗の下で各地の有力大名を圧制し、天下統一することを着実に推進する時、日本を揺るがした一代謀反劇――「本能寺の変」が勃発した。織田家臣明智光秀の思いきやの謀反、信長を本能寺で落命にさせただけでなく、同時に天下統一事業を数十年後に延長させた。明智光秀は浪人の身ながらただ十四年で異例の出世を遂げた。だが、天下統一の直前に光秀が突然に謀反を起こした。なぜ信長を殺さなければならなかったのか。怨恨、野望、あるいは錯乱だったのか。光秀の動機もさまざまに推理されたが、今まで定説はなかった。
史料の欠失によって、明智光秀について多くことは考証できないが、明智光秀の出身に対する研究と彼と織田信長の関係を通じて、明智光秀に属する独特な武士の道を分析することができる。時代、政治、宗教、愛憎の影響の下、明智光秀は自分に相応しい道を見つけた。その武士の道も彼自身の動きに深く影響した。同時、光秀の武士の道を研究すると、彼の内心世界も理解できるようになると思う。

キーワード: 日本戦国時代;明智光秀;織田信長;本能寺の変;武士の道

目  次
摘  要    Ⅰ
要  旨    Ⅱ
はじめに1
一 明智光秀の生涯 1
1  出身1
2  流浪の青年期2
3  人生の転機3
4  本能寺の変と敗死3
二 明智光秀と織田信長4
1  織田信長の人事改革とその影響4
2  織田信長の軍事・経済・政治政策とその影響4
3  織田信長と明智光秀の性格の違い7
三 明智光秀の武士の道 8
1  武士の道とは8
2  明智光秀の人生観9
3  明智光秀の武士の道11
終わりに13
謝  辞
参考文献

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部