中世纪严岛的龙神信仰[日语论文]中世における厳島の龍神信仰

中世纪严岛的龙神信仰[日语论文]中世における厳島の龍神信仰+开题报告+文献综述要旨日本広島県内にある厳島は、往古は周辺の人々に神霊を感じさせ、「神の島」と称された。平清盛の篤い信仰を得て、築造された厳島神社は、かつて日本三景

中世纪严岛的龙神信仰[日语论文]中世における厳島の龍神信仰+开题报告+文献综述
要  旨
日本広島県内にある厳島は、往古は周辺の人々に神霊を感じさせ、「神の島」と称された。平清盛の篤い信仰を得て、築造された厳島神社は、かつて日本三景の一つに数えられ、今は世界文化遺産として名をはせる。
厳島は、時代の移り変わりの中で様々の信仰の対象と仰がれ、色々の文化に彩られた。その様々の信仰の中、一つとして挙げられるのは中世の龍神信仰である。
厳島の龍神信仰とはいったい何なのだろう。なぜ日本の中世という時期に厳島における龍神信仰が盛んになったのだろう。本論では厳島信仰の歴史や龍神信仰などに触れた先学を仰ぎながら、中世における厳島の龍神信仰について、次のように試論を述べることにする。まず、厳島信仰の歴史に触れ、次に(2)厳島の龍神信仰、さらに(3)龍神信仰とは何かについて、(4)中世における厳島の神仏習合の進展を考察し、最後に(5)中世における厳島の龍神信仰と神仏習合の関係を明らかにしたい。

キーワード:日本中世; 厳島;厳島信仰;龍神信仰;神仏習合

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部