浅析中日企业并购利弊-以富士康并购夏普为例[日语论文]

中日企業における買収合併の利害についてーフォックスコンのシャープ買収合併を例にー[日语论文] 摘要 近年来,随着经济全球化的趋势加强,我国与世界的经济交流越来越频繁。为了在国际经济竞争中取得优势地位,许多企业选择通过跨国合并的方式来实现不同国家,不同经济体制下的制度、经济、技术、文化交流,加快自己的国际化进程,壮大自身实力。因此,企业跨国合并已经

中日企業における買収合併の利害についてーフォックスコンのシャープ買収合併を例にー[日语论文]

摘要

近年来,随着经济全球化的趋势加强,我国与世界的经济交流越来越频繁。为了在国际经济竞争中取得优势地位,许多企业选择通过跨国合并的方式来实现不同国家,不同经济体制下的制度、经济、技术、文化交流,加快自己的国际化进程,壮大自身实力。因此,企业跨国合并已经是国际上经济交流的一种主要形式了。

本文在先行研究的基础上,以富士康并购夏普为例,从企业经营状况、管理制度、企业文化等方面分析了两企业合并前后的变化,考察了中日企业并购的利弊,并对我国今后的中日企业并购提出了一定的建议。富士康并购夏普之后的有利变化有盈利状况改善、生产效率提高、技术水平提高等。但也存在经营管理制度不完善、人才流失、企业文化冲突等方面的弊病。

关键词:企业并购;富士康;夏普;利弊

要旨

近年、経済のグローバル化につれて、中国と世界の経済交流はますます頻繁になった。国際経済競争の中で優位な地位を獲得するために、多くの企業は国境を越えた合併を通じて、異なる国家、異なる経済体制の経済、技術、文化交流を実現して、自分の国際化のプロセスを速めて、自身の実力を強大にする。そのため、企業の国際合併はすでに国際的な経済交流の主要な形式になっている。

本稿は先行研究を踏まえ、フォックスコンのシャープ買収合併を例に、経営制度、企業管理、企業文化という三つの方面から両企業の合併する前後の変化を分析し、中日企業の回収合併の利害を考察した。それに、中国企業に中日企業買収合併について提言した。フォックスコンのシャープ買収合併は販売額の上昇、生産効率の向上、技術の向上などの利点があると同時に、経営管理制度の不備、人材の流出、企業文化の衝突などのデメリットもある。

キーワード:企業買収合併;フォックスコン;シャープ;利害

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部