关于日本老年护理制度的考察_日语论文.docx

日本人の平均寿命は、世界でも長いほうである。そこで、少子化が追い風となって、老後の生活が危うくなる人が増えている。対応策として、老人施設を増設するほか、介護人材を

要旨:

 

近年、日本では医療技術の進歩などにより、長寿・高齢化が進める一方、ライフスタイルの変化などにより、出生率が減少傾向にある。人口に占める高齢者の割合が極めて高い「超高齢化社会」となっている。介護問題は個人だけの問題ではなく、家族や社会の間題でもある。そこで、日本では2000年に介護保険制度を導入した。40歳以上の全国民から集めた介護保険料や税金を財源として、介護が必要となった方が介護サービスを受けられる制度である。介護保険制度は、国家と社会の安定的で持続可能な発展の基盤となるものである。本稿は介護保険制度成立の背景および制度の概要、介護保険で受けられるサービス、日本の老人介護課題などをめぐって、考察してみた。財源を確保するために、介護保険という制度を実行することは、中国にとって参考になるものだと考えられる。

 

 

キーワード:介護保険制度;居宅介護;施設介護;地域密着型介護

 

目次

摘要

要旨

1介護保険制度成立の背景-2

1.1老人への支援や介護の需要拡大-2

1.2家族だけでは負えない高齢者の介護-2

2介護保険制度の概要-4

2.1介護保険制度の内容-4

2.2介護保険制度の利用者-4

2.3介護保険制度の財源-5

3介護保険で受けられるサービス-6

3.1居宅サービス-6

3.2施設サービス-6

3.3地域密着型サービス-6

4日本における老人介護の課題-8

4.1介護現場の人手不足-8

4.2サービスの質の確保と向上-8

4.3痴呆性高齢者のための新しいケアモデルの確立-8

5日本の老人介護制度が中国への示唆-10

5.1老人介護制度の健全化-10

5.2多様なサービスを提供-10

5.3医療と介護の連携を強化-11

注 釈-13

参 考 文 献-14

謝  辞-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部