从鸟居看日本人的神道信仰[日语论文]鳥居から見る日本人の神道信仰

从鸟居看日本人的神道信仰[日语论文]鳥居から見る日本人の神道信仰摘要神道作为日本民族唯一的固有宗教,对日本民族的性格形成、生活、文化、政治等方面有很大的影响。而鸟居最初就是从神道教的传说中诞生的。鸟居是一种类似于中国

从鸟居看日本人的神道信仰[日语论文]鳥居から見る日本人の神道信仰
摘  要
神道作为日本民族唯一的固有宗教,对日本民族的性格形成、生活、文化、政治等方面有很大的影响。而鸟居最初就是从神道教的传说中诞生的。
鸟居是一种类似于中国牌坊的日式建筑,常设于通向神社的大道或神社周围的木栅栏处。主要用于区分神域与人类所居住的世俗界,算是一种结界,代表神域的入口,可以将它视为一种“门”。此外,在地图上,日本人也把神社的标志定为鸟居的形状,有神社的地方一定就有鸟居。可见,鸟居在日本人心中有着神圣而特殊的地位,可以说它象征着日本的传统信仰文化。
但是如今,随着时代的发展,许多的鸟居建筑遭到破坏,是否象征着日本人的传统信仰也在改变。本文就是从日本人对待鸟居的态度来看日本人的神道信仰的态度的变化,并试着分析其原因。
关键词:鸟居、神道信仰、态度、变化
要  旨
神道は日本民族の唯一的な固有宗教として、日本人の民族性格、生活、文化、政治などに大きな影響を与えている。はじめの鳥居は神道の伝説から生まれた。
鳥居とは中国の「牌楼」(ぱいろう)と似ている和式建築だ。常に神社への道や周りの柵のところで建てられている。主に神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画して、神域の入り口を示した一種の「門」だ。そして、日本人は神社の地図記号が鳥居を図案化したものになっている。神社が建てられているところに絶対鳥居がある。だから、日本人の胸に鳥居が特別と神聖なる地位を占める。鳥居は日本の伝統信仰文化を象徴しているとも言える。
しかし、時代とともに、たくさんの鳥居が壊される。これは日本人の伝統信仰が変わっていくかどうか?この文章は日本人が鳥居に対する態度の変化から神道信仰の変化を見るのだ。そして、このげんいんをぶんせぃすることにしたい。
キーワード:鳥居、神道信仰、態度、変化

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部