试论《罗生门》的光明性_日语论文.doc

本論文は、芥川龍之介の「羅生門」と『今昔物語集』との比較を通じて、作品の背景を中心として、映画、国語教材としての「羅生門」も作品分析に加え、「羅生門」のもつ作品と

要旨

 

大正四年に発表された「羅生門」は、芥川龍之介の代表作であるが、一方、そのテーマについてなど、議論が最も多い作品である。しかし、従来の「羅生門」に対する研究は、主に善悪観とエゴイズムが主流であった。ところが、近年、「羅生門」の積極的な評価が次々にあげられ、プラスの一面があるとも言えるだろう。本論文は、「羅生門」についての文献を調べ、作品に見られる明るさを支える資料を整理し、分析する。また、『今昔物語集』との比較を通じて、作品の背景を中心として、映画、国語教材としての「羅生門」も作品研究に加え、「羅生門」の明るさについて、分析したい。

 

キーワード:エゴイズム、暗い、明るさ

 

目次

要旨

中文摘要

1、はじめに-4

2、先行研究-5

3、『今昔物語集』との比較-6

3.1「盗人」から「下人」へ-6

3.2青臭い正義感-7

4、作品の背景-8

4.1愉快な小説-8

4.2「老婆」と「実母」-9

4.3文末の改稿-10

5、映画、国語教材としての「羅生門」について-12

5.1黒澤明の「羅生門」から見る-12

5.2国語教材としての「羅生門」-12

6、終わりに-14

参考文献-15

謝辞-16

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部