从《学制》看明治初期的教育改革_日语论文.docx

明治維新における教育改革は、日本の教育の近代化の滑り出し及び近代日本が台頭に大きな影響を与えたと思われる。教育の改革によって、日本は様々な面で更なる発展を遂げ、世

要旨

 

近代の日本の教育を研究している学者たちにとって、明治初期の教育改革は、その研究のカギを握る。その時期の教育に関する研究は、山ほどあるといっても過言ではない。本稿は明治初期の教育法令――「学制」から手を付け、「学制」以前の教育現状(藩校、寺子屋、私塾などの平行的な教育組織)から「学制」が頒布した以後の現代的な教育現状(小学、中学、大学などの段階的な教育システム)への変遷を明らかにしてみた。さらに「学制」が行われた後の問題点、即ち「学制」に書かれた企画と現実とのズレ、庶民の反発と暴乱などを分析し、現代教育への示唆を検討した。

キーワード:「学制」、教育現状、変遷、問題点、示唆

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

1.1 先行研究-1

1.2研究目的と本稿の立場-2

2. 「学制」以前の教育の現状と社会背景-3

2.1 藩学・寺子屋・私塾の発達-3

2.2-欧米による圧迫と明治維新-4

3. 「学制」実行後の教育現状-5

3.1教育行政の区画-5

3.2 初・中・高等教育-6

3.3専門学校の設立-6

3.4-教員の構成と師範学校の設立-7

4. 「学制」の問題点と原因-9

4.1企画と現実のズレ-9

4.2-庶民の反発と暴乱-9

5. 示唆-11

5.1先進国からの制度導入の必要性-11

5.2教育の普及と国民素養の向上-11

5.3教員養成を重視すること-11

6. おわりに-13

6.1結論-13

6.2今後の課題-13

参考文献-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部