佳丽宝在中国化妆品市场的多品牌战略-以芙丽芳丝为例[日语论文]

佳丽宝在中国化妆品市场的多品牌战略-以芙丽芳丝为例[日语论文]+开题报告中国化粧品市場におけるカネボウの多ブランド戦略-フリークプラスを例として摘要随着中国市场经济的发展,中国市场变为了新兴最受欢迎的消费市场。外资企业以

佳丽宝在中国化妆品市场的多品牌战略-以芙丽芳丝为例[日语论文]+开题报告
中国化粧品市場におけるカネボウの多ブランド戦略-フリークプラスを例として
摘  要
随着中国市场经济的发展,中国市场变为了新兴最受欢迎的消费市场。外资企业以及跨国企业开始运用各种各样的市场战略进军中国。在化妆品市场方面,特别是日本的化妆品股份有限公司渐渐占领中国市场。虽然资生堂股份有限公司一直以来在中国市场是所占比重最多的,但是佳丽宝股份有限公司也在快速的发展当中。
佳丽宝股份有限公司做为日本第二大化妆品公司,自主生产了各种各样的产品,这适应了多种多样的消费层人群。随着经济危机的到来,他的中心逐渐由欧洲转向开发中国市场。但是在资生堂已经占领了中国大部分市场的情况下,佳丽宝公司应该怎么做呢?中国化妆品企业又能从中学到些什么呢?
本文将会让大家了解品牌战略,多品牌战略,以及佳丽宝公司在中国市场对多品牌战略的使用。这其中,作者会以芙丽芳丝品牌为例,以第三者的眼光来解析日本化妆品企业佳丽宝成功的经验。
关键词:品牌战略  多品牌战略 佳丽宝 中国市场  化妆品
要  旨
市場経済の発展にしたがって、中国の市場はもはや新しい人気のある消費国になってきている。外資糸企業はいろいろな戦略をとって中国に進出している。化粧品市場で特には日本の企業が中国の多くの市場を占めている。その中で資生堂株式会社がずっと市場シェーアをしめたが最も多かったが、カネボウ株式会社(以下はカネボウ略称)もう早く発展ていている。
日本の第二位の化粧品株式会社として、カネボウはさまざまな製品を発表した。しかも、各階層の消費者に適合している。金融危機がきた結果、市場の中心はだんだんヨーロッパから中国へと活動している。しかし、資生堂株式会社は既に各の中国化粧品市場を占めているので、カネボウはどのように対応するのか。それわれわれの中国化粧品企業は何を勉強になるのか。
本論文ではブランド戦略、多ブランド戦略を分析し、そしてカネボウ会社の中国化粧品市場で多ブランド戦略を追究し、まではフリープラスブランドを例として、日本のカネボウの成功した経験を中国企業に生かしてほしい。
キーワード:ブランド戦略  多ブランド戦略  カネボウ  中国市場  化粧品 

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部