在华中日便利店经营战略的比较研究-以快客和罗森为例[日语论文]

在华中日便利店经营战略的比较研究-以快客和罗森为例[日语论文]中国において中日コンビニ経営戦略の比較研究—快客とローソンを例に要旨日本では、1974年に、コンビニ業界は本格的な発展が始まった。現在日本国内で、4万6000店舗を超え

在华中日便利店经营战略的比较研究-以快客和罗森为例[日语论文]
中国において中日コンビニ経営戦略の比較研究—快客とローソンを例に
要  旨
日本では、1974年に、コンビニ業界は本格的な発展が始まった。現在日本国内で、4万6000店舗を超え、コンビニ業界においては、これ以上の設店を慎重しなければならない。店舗過剰の上に、同業界内の競争が激しくなりつつあり、コンビニ業界の成長鈍化が見られる。
一方、アジア地域では、1970年代から急速に経済が発展してきた。中国では、1990年代からコンビニが出現し、その後の数十年間を経て、現在国内CVS業界の発展は成長期の段階に至っている。こうした背景で、中国におけるコンビニ業界の発展が有望にみえる。
現在、経済の不景気を背景に、百貨店、スーパーの売上の不振が続く一方、小分け・適量販売のコンビニ商品への需要の増加により、コンビニの売り上げが上がりつつある。世界一のコンビニ大国といわれた日本は、創造革新を通じ、独自の優位性を築いている。一方、中国のコンビニ業界は、かつての沿岸大都市への集中出店から内陸部へ進出している。本稿では、快客とローソンの発展プロセスを辿りながら、中日コンビニエンスの経営戦略を考察しようとする。

キーワード コンビニ; 快客; ローソン

目  次
要  旨
はじめに    1
1中日におけるコンビニの発展現状    2
  1.1中国におけるコンビニの発展現状    2
  1.2日本における日コンビニの発展現状    3
2ローソンと快客の比較    5
  2.1快客の企業概要    5
    2.1.1事業展開    5
    2.1.2経営方式    5
    2.1.3経営戦略    5
  2.2ローソンの企業概要    6
    2.2.1中国への進出    6
    2.2.2経営方式    6
    2.2.3経営戦略    7
3ローソンと快客の経営戦略の比較    8
  3.1商品及びサービス戦略の比較    8
  3.2プロモーション戦略の比較    8
4中国のコンビニ経営戦略への展望    10
おわりに    11
参考文献
謝  辞

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部