从本格派与社会派的对立与融合来看日本推理小说的发展_日语论文.doc

現在の日本文壇では、純文学が繁栄しているが、大衆文学もますます発展している。その中の推理小説は魅力的であり日本人のみでなく中国人にも愛読される。日本推理小説では、

要旨

 

現在の日本文壇では、純文学が繁栄しているが、大衆文学もますます発展している。その中で推理小説は魅力的であり日本人のみでなく中国人にも愛読される。本文は日本推理小説の歴史の流れを考察し、江戸川乱歩、松本清張、東野圭吾を中心に、本格派と社会派の発展過程を辿り、両者の対立と融合を分析し、日本推理小説の発展傾向を検討した。

 

キーワード:本格派; 社会派; 対立と融合;発展傾向

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2.先行研究-3

3.本格派と社会派の対立-6

 3.1 江戸川乱歩の作品の特徴-6

 3.2 松本清張の作品の特徴-7

 3.3両者の比較から見る両派の対立-8

4.本格派と社会派の融合-9

 4.1 東野圭吾の作品の特徴-9

 4.2 東野圭吾の作品から見る両派の融合-10

5.日本推理小説の発展傾向-11

 5.1 本流派の特徴の伝承-11

 5.2 他の流派の長所の吸収-11

6.おわりに-12

謝辞-13

参考文献-14

日本語参考文献-14

中国語参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部