日本阳明学探讨[日语毕业论文]日本の陽明学について

日本阳明学探讨[日语论文]日本の陽明学について+开题报告+文献综述要旨日本は東アジア強国の中の一つとして、同時に「東アジアの儒教の文化圏」の成員の一つで、日本の政治、経済、社会、文化などの各方面で儒学に広く深い影響が与えられ

日本阳明学探讨[日语论文]日本の陽明学について+开题报告+文献综述
要  旨
日本は東アジア強国の中の一つとして、同時に「東アジアの儒教の文化圏」の成員の一つで、日本の政治、経済、社会、文化などの各方面で儒学に広く深い影響が与えられている。その中、儒学の陽明学は江戸時代からの日本社会の封建的な思想の崩れ、明治維新の展開、幕府の統治の崩壊と東アジアの最も強大な国家になったことに対して非常に重要な役割を果たしたと思う。
陽明学の役割についての研究は、日本歴史を見て、陽明学は受け入れられた後、陽明学が官学とされなかったが、その反体制性のため、幕藩体制の柱である封建的身分制度に挑戦し、下級武士や庶民の中で広まった。特に幕末の動揺の時代において、日本陽明学の「心即理」・「知行合一」・「致良知」などの学説が、後期の民衆蜂起と幕末期の変革運動にも精神的な支持と人材の準備を提供した。これらの影響を通して、日本陽明学が幕藩体制の崩壊を促した。
本論文は大体三つの部分に分けられている。
第一章では、主に日本陽明学の概況を論じている。中国儒学の一流派である陽明学は日本に伝播され、日本に変容させる概況を検討したい。つまり、日本陽明学の興起、発展についての紹介を通じて、日本陽明学の特色を論じようとしている。
第二章では、陽明学の「心即理」・「知行合一」・「致良知」などの学説について陽明学の内容を論じようとしている。
第三章では、主に陽明学が明治維新と幕末期変革運動の面での日本陽明学の役割を検討したい。幕末期に入ると、幕藩体制の不調和の現象がますますはっきりしてきて、変革志士は日本陽明学によって精神的な支持をもらった。当時の社会情勢と彼らの行動と合わせて、江戸後半期における日本陽明学の役割を検討したい。
キーワード:東亜儒教文化圏  陽明学  知行合一  致良知 明治維新

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部