明治憲法が清末の欽定憲法大綱に与えた影響について_日语论文.doc

明治維新の後、日本は「大日本帝国憲法」を欽定の形で公布した。「大日本帝国憲法」所謂明治憲法はアジア国家における最初の憲法と言われる。明治憲法はドイツ憲法を手本にし

要旨

 

1889年の明治憲法は、日本が西洋の憲政を学んだ経験のなかで、政体改革に力を注いだものとして、日本の政治制度の発展に良い作用を発揮しただけでなく、近代中国の憲法制定にも一定程度の影響を及ぼしたのである。これは、多くの文献資料から証明できることであり、非常に多くの学者が認めるところでもある。明治憲法と憲法大綱についての研究は現在すでに多くのものがあるが、両者比較を中心とした研究はまだ十分とは言えない。そこで、本稿は両憲法の立憲背景と条例等を詳しく比較し、その異同点を探して、明治憲法の憲法大綱に与えた影響を明らかにする。

 

キーワード:明治憲法; 欽定憲法大綱; 両者比較; 影響;憲政

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに(又は、序論)-1

2.明治憲法-2

2.1明治憲法の制定背景-2

2.2大日本帝国憲法の問題点-3

3.憲法大綱の制定-4

3.1.戊戌の変法の影響-4

3.2清末五大臣の出洋考察-4

4.明治憲法の憲法大綱に与えた影響-6

4.1両憲法の共通条例の比較-6

4.2両憲法の相違点-10

4.2.1両憲法の違う条例の比較-10

4.2.2両憲法の立憲方式の選択-10

4.2.3両憲法の地位の比較-11

5、終わりに-11

参考文献-12

付録A 明治憲法の内容-14

付録B 欽定憲法大綱の内容-21

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部