周作人的对日认识_日语论文.doc

ところが、甲午戦争後の事情と言えば、嘗ての弟子が一転して師匠の立場となった。康有為主導の清末維新運動はもちろんのこと、多くの中国知識人が目を日本に向けた。一時に中

要旨:周作人は青年時代で五年間日本での留学経験を積んだ。その間彼は日本の友人を作ったり、日本の本を訳したりして、日本社会に深く入り込み、生活上だけでなく、精神や心理上に日本と深い絆を結ぶようになった。周作人と日本の関係について、すでに幅広い研究がなされているが、本論は文化、社会、民俗と思想などをキーワードにしてその日本認識の全貌を探ろうとしたものである。日本文化及び日本人の生活様式に陶酔しながら、対外侵略の道を暴走する日本への不可解から織り込んだ彼の日本認識は、矛盾で、限局が見られる。日本文化は古代では中国を、近代では西洋を、もの真似したものだと称する時代の風潮に迎合しないで、古代から日本では独自の文化を生んだとの主張は、今見ても妥当な見解だと言える。、

 

キーワード:周作人 日本認識 文化 社会  思想

 

目次

摘要

要旨

はじめに..2

1.周作人の生涯-2

2.1910年代の中国と日本-2

2.1中国の事情-2

2.2日本の事情-2

2.3中国における民国時代の日本文化研究-2

3.周作人と日本-2

3.1日本への好感-2

3.2矛盾した気持ち-2

4.周作人の日本認識-2

4.1日本文化観-2

4.2日本社会観-2

4.3日本民俗観-2

4.4日本の思想についての認識-2

5.結び-2

参考文献-2

謝  辞-2

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部