论谷崎润一郎《春琴抄》和《刺青》的唯美主义_日语论文.docx

「耽美主義とは道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である」。[王之英,王小岐副主编,《日本近代文学赏析》南开大学出版社.2006年1月P5-6]その時

要旨: 谷崎潤一郎は日本唯美主義の代表作家であり、耽美主義の代表であり、彼の作品が反自然主義の立場で徹底的に官能美を求める。

作者の経歴を紹介、作品『春琴抄』、『刺青』を書く社会背景など外部の原因から谷崎潤一郎の美意識を分析する。反社会意識、女性崇拝、さらに「悪魔主義」などは作品の中で徹底的に表現される。佐助はわがままの春琴を始終に守って、春琴の面影を脳裏に永遠に保有するため自分の眼を針で突き、自ら盲目の世界に入る;清吉は絶美な娘の背中で刺青を彫り、自分の得意作品の前に拝跪する。男性は女性の美で征服させ、善悪と美醜を完璧に結合させ、剥離させて、絶美な文学世界現れる。

 

キーワード:谷崎潤一郎;『春琴抄』;『刺青』;耽美主義;悪魔主義

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1.作者と作品-2

1.1谷崎潤一郎のプロフィール-2

1.2『春琴抄』の粗筋-2

1.3『刺青』の粗筋-3

2.人物像と内容の分析-4

2.1『刺青』から見られる谷崎潤一郎の耽美主義-4

2.2『春琴抄』から見られる谷崎潤一郎の耽美主義-4

2.3『刺青』の人物像の美の分析-6

2.3.1清吉の人物像について-6

2.3.2清吉の収集した二枚の絵について-7

2.4『春琴抄』の人物像の美の分析-8

2.4.1春琴の形象に対する分析-8

2.4.2佐助の形象に対する分析-9

3.作者の耽美主義-11

3.1谷崎潤一郎の耽美主義に対する評価-11

3.2谷崎潤一郎の耽美主義の影響-11

おわりに-13

参考文献-14

謝  辞-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部