从日本推理小说看“人性”描写–家松本清张和东野圭吾为中心.doc

松本清张脱胎于社会性的人性是他对日本推理小说发展的贡献,其意义甚于社会派的奠基人,而东野圭吾最为新社会派的代表其作品的社会意义显然无法忽视,但是对于松本清张和东野

要旨

 

筆者は、探偵小説の発展について少々学んであるあと、推理小説が単なる謎解きから人間性を重視しつつであることに気付いた。このことに興味を持って、異なる時期において人間性の描写で有名な推理小説家の松本清張と東野圭吾を研究することにした。松本清張は社会派の創始者として、社会性を推理小説のテーマにしたのは独特性があるが、人間を書くという文学の革新こそが推理小説界を変えたので、「点と線」を選ぶ。東野圭吾の作品は肉親の情を探求する「赤い指」と推理界で理と情どれに重すべく問題にバランスよく組み合わせる「容疑者Xの献身」にする。

本文では、三つの作品の分析から二人の人間性の特徴を探し、共同点を検討する。その結果、有意あるいは無意識で起こった殺人事件の衝突が社会の大きな背景で主人公の人間性が生き生きとしたのはそれらの共通点ということが分かる。人間の邪悪な側面を明らかにすることによって浮世絵観察になって、反省と自己起訴の意味上での社会的な価値になる。

 

キーワード:松本清張 東野圭吾 人間性

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.推理小説の紹介-1

2.1発展の歴史-1

2.2以前の構成と特徴-2

3.作家と作品-3

3.1作家-3

3.1.1松本清張各時期の概況-3

3.1.2東野圭吾-3

3.2作品のあらすじ-4

3.2.1「点と線」-4

3.2.2「赤い指」-4

3.2.3「容疑者Xの献身」-4

4.人間性の分析-5

4.1「点と線」-5

4.2「赤い指」-6

4.3「容疑者の献身」-6

5.おわりに-8

参考文献-9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部