从《入殓师》的年轻主人公看日本人的生死观_日语论文.doc

日本人の死生観の研究について、多くの先行成果がある。楊燁の『日本人の死生観について』には、日本人の死生観と指摘している。[杨烨.浅谈日本人的生死观[J].学理论(16),2010.]日本

要旨

 

本論文には、若い主人公の生命への畏敬することと死は生の一部ということから日本人の死生観を見る。死は永遠のテーマである。生命と死亡は対立ではなく、愛と希望の続きであるということが映画『おくりびと』が私たちに教えてくれる。人間が死についてもう一度考えることは必要だと思う。それに、生命を畏敬している気持ちを持つはずだと思う。小林大悟は初めに死者を化粧することから自ら自分の父親を化粧することまで、この過程には生命を畏敬することがよく表される。同時に、おくりびとが生きる人への慰問することも見られる。

 

キーワード:生命;死亡;畏敬;死生観

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 日本人の死生観についての考察-3

2.1 日本人の死生観の特徴-3

2.2日本人の死生観の形成原因――歴史、文化、地理から-3

3. 映画『おくりびと』について-5

3.1 映画のあらすじ-5

3.2 「納棺師」という職業への見方の変化-5

4. 若い主人公から見る日本人の死生観-7

4.1 死亡、死者への敬意-7

4.2 生命への畏敬-7

5. おわりに-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部