关于《刺青》中的纹身_日语论文.doc

しかしながら、日本において文身は長い歴史がある。日本の文身は古い風俗習慣だけでなく、社会の発展に従って、次第に特別な文化になり、日本ならではの特徴がある。弥生時代

要旨

 

『刺青』は谷崎潤一郎の処女作である。「刺青」はその小説のキーワードである。文身は古い風俗習慣だけでなく、社会の発展に従って、次第に特別な文化芸術に変えてきた。昔の日本の入れ墨は異端性があると思われる。そのような背景の中で、谷崎潤一郎は『刺青』を作った。娘の背中に彫り上げた〈巨大な女郎蜘蛛の形〉はある特定の象徴的意味があると考えられる。しかも、〈女郎蜘蛛〉というイメージから見ると、谷崎潤一郎の特別な文身観が見られる。それゆえ、本論文では、日本の刺青文化を踏まえて、先行研究を参考しながら、『刺青』における文身を分析した。

 

キーワード:日本の文身文化; 異端性; 女郎蜘蛛; 谷崎潤一郎の文身観

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2. 『刺青』という小説について-2

2.1 『刺青』のあらすじ-2

2.2 『刺青』の文学地位-2

3. 先行研究とその問題点-3

3.1日本における先行研究-3

3.2中国における先行研究-4

3.3先行研究の問題点-4

4. 女郎蜘蛛の模様が選ばれた理由-5

4.1日本の伝統的な刺青文化の影響-5

4.1.1日本の刺青の歴史-5

4.1.2日本の刺青の特徴-6

4.2日本の民間伝説から-7

4.3生物学の立場から-8

5. 谷崎潤一郎の刺青観-8

6.おわりに-9

参考文献-10

謝  辞-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部