战后日本女性的社会地位_日语论文.docx

筆者が日本に行く以前、次のような話を聞いたことがある。アメリカ人の給料をもらい、イギリス風の家を持ち、中国人の調理師を雇い、日本人の奥さんがいるのが人生で最もの幸

要旨

 

日本は、伝統文化の歴史的な慣性が非常に大きな国家である。かつて日本の封建的な思想は根強く、「男尊女卑、男権至上」の理念が広く認められた。それにより、「女性は家で家事・育児をすべき」ということが日本の伝統的な家族観となった。しかし、時間の流れとともに社会構造も変わり、戦後、日本における女性の社会的地位も変わってきた。女性解放運動が世界各国に及び、日本における数多くの女性は家を出、高いレベルの教育を受けはじめた。男女雇用機会均等法など法律の頒布により、女性は社会進出するとともに、ついに女性の家族観と婚姻観、参政意識と権利意識も変化してきた。とは言っても、日本女性の社会的地位は他の先進国に比べ、「女性の社会進出」問題は依然として厳しい情況にある。また、女性の自立意識も低いと言える。

本論ではまず日本における女性の社会的地位の現状を考察し、戦後日本における女性の社会的地位の向上の原因を分析する。そして、国際的視覚から日本女性の社会的地位と問題点を追究し、更に日本女性の自立意識について探究する。

 

キーワード:社会地位 社会進出 影響要素 自立意識 

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

2. 先行研究-2

3. 社会進出からみる日本女性の社会的地位の変化-4

3.1各分野で活躍している日本女性-4

3.2女性社会進出の現状-4

3.2.1 就職勤続のにおける難しさ-4

3.2.2男女の賃金格差-5

4. 戦後日本女性の社会的地位への影響要素-6

4.1外的要素について-6

4.1.1.女性の権利保護政策と法規-6

4.1.2.生活様式の変化-6

4.2内的要素について-7

4.2.1婚姻観と家族観の変化-7

4.2.2教育意識と参政の意識の変化-7

5. 国際的視点から見る日本の女性の社会地位-9

5.1欧米と比較して見る日本女性の社会地位についての問題点-9

5.2女権先進国フランスとの比較から見る女性の自立意識-10

6. おわりに-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部