日本的金融体系–日本主办银行体制分析_日语论文.doc

我国的银企信用关系目前呈现的是混乱的状态。许多企业利用我国法律体系的不完善和信息揭示制度处在起步阶段,肆无忌惮地做假账、造假象、多头开户,千方百计地套取银行信贷资

要旨:日本経済の発展の奇跡が、国内外の多くの学者たちは日本の特色の金融分野の体制、特に主催銀行体制に強い関心を示した。中国の学者らも、中国と日本の文化の背景の類似性ので主催銀行体制に大きな関心を持った。日本バブル崩壊後の低迷につれて主催銀行体制は非難を受け、局限性も学者たちの研究の重点になる。近年では、まさに制度経済学の盛り上がり、主催銀行体制が代表的な制度盛衰やうねりの例として、制度の経済学者の研究および引用の良い選択になる。

我が国の銀企信用関係は現在には混乱状態を現わしている。多くの企業がわが国の司法体系の不備や情報を掲示して制度が開始されを利用し、大きなの粉飾会計と造仮想、複数の開設さであれこれを通じて銀行信用貸付資金を明らかにした。このような風土で、銀行は会社が提供した財務諸表を運用して信用を分析した行いは、最小限の信頼性が不足し、銀行の現場調査も曲折が予想される。我が国の現在の銀企関係は悪循環のトンネルに陥っている。我が国では、日本の主催銀行体制を参考し、銀行は企業に対して直接投資や銀行持ち株投資会社を通し、企業に株主の代理権を行使して新型銀企株主の信用関係構築のために、保障銀行経営効率化の質量を守り、銀行体制の安定を維持し、銀行は商工業に対しての信頼を回復し、経済の健全な発展を促進することには非常に重要な意義がある。

  

 キーワード: 主催銀行体制;銀企関係;特徴;意義;ヒント

 

目次

中文摘要

要旨

第1章  はじめに-1

1.1 日本金融体制の紹介-1

1.2 日本の主催銀行体制についての研究状況-1

1.3 本研究の観点-1

第2章 日本の主催銀行関係についての紹介-3

2.1 密接な銀企関係-3

2.2 主催銀行関係の意味-3

2.3 主催銀行体制の特徴-3

2.3.1  資金の安定な供給を確保する-3

2.3.2  企業の経営権の安定を促進する-4

第3章 日本の主催銀行体制の形成の分析-5

3.1 形成の歴史根源-5

3.2 形成の階段-5

3.2.1  器官バンク制の段階-5

3.2.2  現代主催銀行体制の段階-5

3.3 日本の主催銀行体制の変化と原因-6

第4章 日本の主催銀行体制の意義-7

4.1 主催銀行関係と銀行の経営-7

4.2 主催銀行体制の意義-7

4.2.1  銀企の共同発展を促進する-7

4.2.2  利益配分の基準-7

4.2.3  情報生産の機能-7

4.2.4  企業経営の監督-7

4.3 主催銀行体制の局限性-8

第5章 我が国に対する新型銀企関係の構造のヒント-9

5.1 我が国銀企関係の現状-9

5.2 我が国に対する新型銀企関係の構造のヒント-9

第6章 おわりに-11

参考文献-13

謝 辞-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部