日本初中生欺侮问题–以1986年以后为中心_日语论文.doc

日本でいじめ問題が注目されて以降、日本の教育者たちは子供の成長に有利な環境を作るために、中学校で多発するいじめ問題の原因、弊害、対策について検討している。従来の「

要旨

 

日本における学校のいじめ問題は長い歴史を持っている。2012年文部科学省が実施した緊急調査によると、2012年9月中旬までに学校が認知したいじめ件数は14万件を超えており、2011年度の約7万件の2倍にも達していることと、中学校におけるいじめの認知率は、小学校のに比べて常に2倍、高等学校に比べると4~5倍になるということが分った。戦後、日本における学校のいじめ問題は4つのピーク期を経ている。本研究は1980年半ばから日本のいじめ事件が多発したその4つの段階の状況をそれぞれ分析し、日本の学校のいじめ問題の変遷を明らかにする。

日本の学校のいじめ問題は厳しい社会問題になっている。日本政府は学校のいじめ問題が顕在化して以降、多くの対策や法律を設立した。また、いじめ問題についての研究も絶えず進行している。だが、学校のいじめ問題はまだ解決されていない。しかしながら、日本政府が学校のいじめ問題でとった積極的措置は、称賛されるべきであろう。

 

キーワード:日本; いじめ問題; 中学生

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.先行研究2

3.いじめの定義の変遷4

4.研究方法と研究の目的5

5.1986年からの日本の中学生のいじめ問題の変遷6

5.1.平成景気期の中学生のいじめの状況6

5.1.1.平成景気期の日本社会6

5.1.2.平成景気期の中学生のいじめの状況6

5.2.経済バブル崩壊期の中学生のいじめの状況7

5.2.1.経済バブル崩壊と日本社会7

5.2.2.経済バブル崩壊期の中学生のいじめの状況8

5.3.経済の平穏発展期の中学生のいじめの状況9

5.3.1. 経済の平穏発展と日本社会9

5.3.2. 経済平穏発展期の中学生のいじめの状況9

5.4. 経済起伏期の中学生のいじめの状況10

5.4.1.経済起伏期の日本社会10

5.4.2.経済起伏期の中学生のいじめの状況10

6、結論と示唆11

参考文献13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部