从作品浅析岛崎藤村的自然主义–以《破戒》为中心_日语论文.docx

这篇论文是以《破戒》为出发点研究岛崎藤村的自然主义。写实的创作手法,社会批判的文章内容,心理活动的表现方法以及无理想无解决的结果,这四点都包含在《破戒》这篇作品中

要旨:自然主義文学は近代文学史上で極めて重要な地位を持っている。それはある意味で写実主義、現実主義の延長と認められているが、それ以上に新しい要素が加わっている。自然主義の決定的な思想的支柱は科学精神であり、社会的環境や遺伝などの要素によって決定されるものとして考えた。

 日本の自然主義文学領域の中で、島崎藤村という作家はかなり重要な地位を占めている。島崎藤村は、日本の詩人、小説家で、本名は島崎春樹である。彼の詩集「若菜集」は重要なロマン主義作品であった。さらに小説に転じ、『破戒』、『春』など代表作を発表して自然主義作家になった。他に、日本自然主義文学の到達点だとされる『家』、姪との近親姦を告白した『新生』、父をモデルとした歴史小説の大作『夜明け前』などの作品がある。彼は、自己分析がうまく、社会現実を勇敢に暴露し、山田花袋とともに自然主義文学の双璧と呼ばれる。島崎藤村は日本ロマン主義の詩人だけではなく、同時に自然主義文学の代表的作家でもある。

 彼は自我内面の要求に忠実で、自己に真実なものしか描かないという姿勢を崩さず、形式的な道徳を排して、独自の論理を求めた。彼の作品は後世の文学に本質的な影響を与えた。

 『破戒』は自然主義文学の代表作と言える。それに、作者島崎藤村のロマン主義から自然主義へ移り変わる最初の作品でもある。

 この論文は島崎藤村の『破戒』という小説を中心に彼の自然主義思想を研究する。写実の創作方法、社会批判の内容、心理活動の表現と無理想、無解決の結果、この四つの特徴が『破戒』にふくまれている。

 彼が創作している過程に、心境の変化、社会制度の移り、自分の経験によって、文章の内容やスタイルも変化している。『破戒』に書かれた社会批判、『家』に書かれた家庭制度批判、『新生』の自己反省、島崎藤村の自然主義も最初ロマン主義と現実主義が混合したようなものから成熟で完成的な自然主義文学まで進化してきた。

キーワード:写実;社会批判;心理活動;無理想無解決

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに1

1.2. 島崎藤村と「破戒」.2

2.1 島崎藤村の紹介

2.2 「破戒」のあらすじ

3. 「破戒」に表れた自然主義.3

3.1 写実

3.2 社会批判

3.3 心理活動の表現

3.4 無理想、無解決

3.5 日本初期の不成熟な自然主義

4.4. 島崎藤村の自然主義の発展4

4.1 前期の自然主義

4.2 中期の自然主義

 4.3 後期の自然主義

5. まとめ5

参考文献.6

謝辞.7

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部