与日本前卫服装相关的研究–山本耀司和川久保玲为例_日语论文.doc

ジャパニーズ・アヴァンギャルドは若い人の生活にますます影響を与えている。なぜこの文化は、継続的に発展できて、若者の中で人気があるのだろうか。これまで、ジャパニーズ

要旨

 

本論文では、主にインターネットの閲覧データを通じて、ヨウジ・ヤマモトと川久保玲の服装理念を了解する上で、前衛的な日本のファッション文化を研究する。日本と西洋を比較すれば、西洋のデザイナーは多くの場合、タイトフィットドレスは女性の優美な曲線を反映するために設計されている、これに対して、ヨウジ・ヤマモトを代表とする日本のデザイナーは着物をベースに、日本の伝統的な服装からインスピレーションを得て、日本の着物文化を肯定する上で、従来の切削工程の形で再創造のアプリケーションを描く。こうして、日本独特なユニークを持っている。日本のファッションの成功を言及する場合、日本の繊維産業がデザイナーへの影響と東西文化の違いを論じなければならない。

 

キーワード:

山本耀司;川久保玲;アヴァンギャルド;服装;ファッション界;民族衣装

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.4

  1.1背景.4

  1.2先行研究.4

2. アヴァンギャルドの歴史5

2.1欧米のアヴァンギャルドの歴史.5

 2.2日本のアヴァンギャルドの歴史.5

3.川久保と山本の理念と西洋のメディア.5

 3.1川久保と山本の理念と西洋のメディア.5

  3.2 ファッション界への影響7

4.日本のアヴァンギャルド・ファッションと欧米のファッションとの相違点9

4.1 山本耀司と川久保玲のアヴァンギャルド服装9

4.2 日本と欧米のアヴァンギャルドが違う原因9

5. おわりに.10

参考文献11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部